お引き渡し☆

15日にUMIKAZEのお引き渡しを迎える事が出来たUMIKAZE。。。
昨年10月の着工から季節は秋~冬。そして春を迎え、昨日、お引き渡しとなりました♪
Photo

まずは、外まわりから・・・syunくんも一緒に立ちあってます!

1

 蓄熱暖房の取説ですが、暮らし始めてから温度や蓄熱の設定は序々に慣れていくと思いますので、大丈夫ですよ(^^)v
2

3

3階の木製べルックストップライトです。家族みんなで、夜は星を眺めながら寝れるって最高に幸せですね(^^♪
4

一通り取説も終わり、JIO保証書のご説明とWD住まいのお手入れブックをお渡しして、最後に木製スウェドアの本キーを挿していただきました。

8

本キーをさすと、今まで使っていた工事キーでは、開ける事は出来ません。
この瞬間からWDからF様ファミリーへとお引き渡しとなったのです!(^^)!
5
7

お引き渡しの2時間余り、、、syunくんは1階のデッキでひなたぼっこでゴロ~ン
しゃぼん玉もふけちゃうよ~♪

6

あらあら、今度は大人が夢中になってしまった(>_<)すっかり童心に還ったkuboさんでした~
会う度に、毎回楽しませてくれるsyunくん♪WD女子の♡をキャッチされた私達に最後に、またまたWキャッチ♡♡
Dsc_9111

一生懸命描いてくれたsyunくんからのプレゼントは私達にとっては、大切な大切な宝物です(^^♪


9
Dsc_9107_2

そして恒例ですが、現場監督のichiroくんから感謝の気持ちを込めて木の時計を。。。奥さまからWD女子が釘づけになるものまで頂きありがとうございました♪

Dsc_9095

もうすぐお兄ちゃんになるsyunくん。いつも穏やかで大人を感じさせるご主人。キュートで守ってあげたくなるような奥さま。。これからが永いお付き合いになります。宜しくおねがいしますm(__)m

最後に外階段にみんなで並んで記念撮影です♪

 

 

永遠に続く。。

「UMIKAZE」の家が、いよいよF様へとバトンタッチとなる日が来るその前に

WDスタッフ皆で、最後の磨きと検討会が昨日行われました。

11

毎月恒例となっているこの検討会と最後の仕上げとチェック。。

無事にお引き渡しができるというホッとした安堵感もありながら

ちょっぴり淋しいな・・・と複雑な思いが交差する時間です(._.)

3
5_2

検討会に入る前に。。それぞれの最後の役割を尽くします。

6
15

磨き残しがないようにと。。

14
16

黙々と。。。

17
2

午後1時から始り2時間程。。

4
18

床下清掃は時間がかかるので、前日に現場監督のichiroくんが掃除機でピカピカに仕上げてました。

Photo
1

一旦休憩をはさみ。。次はWDのこだわりとする検討検証会。

12

まずは、外観からスタートです。それぞれの感性で感じた事を発しながら進んでいきます。

13

9

設計や現場監督のこだわった箇所をPRしながらも、違う目線から色んな意見が飛び交う数時間。。

8

手間暇かかるWDの家づくり。。建物はもちろんの事、オーダーメイドの家具やキッチン。図面を元に現場で再検討されたり、現場で新しい発想が生まれたりとみんなそれぞれの熱い思いがギュッと詰まったWDの家は、どんな家と比べても最高な家だな~と思う。。

33

WDスタッフみんなが同じ方向を向き、これからももっと美しい家を、もっと住み心地のいい家造りを目指して、これからもずっとこれからも永遠に続くんだと思う。

55

陽も落ちて辺りは薄暗くなり、、先日、届いたF様のUUチェアを4脚並べてみました♪後もう少しで丸テーブルが届きますよ~(^^♪

ここで毎日食事して過ごせるって、いいな~♪ここでお仕事したいな~なんて妄想しながら盛り上がった女2人(kodama&kubo)なのでした。。。

22

 

 

 

UMIKAZE 最終工程

今回はブログを通じて、お庭づくりを一緒に楽しんでください (*゚▽゚)ノ

(なぜ外構植栽までもこだわるのか? 完成見学会で聞いてみて下さい)

 

まず、最初に行う作業は・・・

 敷地全域の整地です

雨水の排水を意識して勾配をとりながら整地を行います。

1_4

その時 土の足りない所には客土という土(畑の土)を補充していきます

9

植栽を植えるところの根元にもしっかり補充

7

そして、お施主さまのご希望の芝や植物を位置や立ち姿を見定め

植えて行きます。 

この瞬間が一番楽しいところでしょうか・・・

何故なら、山で木々を選ぶ時に この瞬間のイメージをしているからです

まさにイメージが現実となる瞬間なのです。

4

 

その後、敷地の余り部分へ移動し

雑草を軽減するための防草シートというものを敷きます。

6

その上に、WDご用達の○○砂利を敷き詰めます。

この砂利 雨に濡れると表情を変えて見る人を楽しませてくれます。

5

建物も外構造園もウッドデッキや木塀にも そして砂利にも、

 WDのこだわりが沢山詰まってます。

8

木々が倒れないように支柱で固定し

最後に、客土の上に杉の皮を敷き詰め全体の美しさを極める。

 

そんな中  建物の内部では、

あの一人の男が、あるモノの美しさに挑戦しています。

2_4

何度も何度も塗り重ねることで美しさを増す 無垢のカウンター

これも彼のこだわりでしょうか・・・ (平岡監督 愛車 レクサス)

 

辺りはもう薄暗く

リビングの窓からはイオンの夜景が薄っすらと見えてきた

3

そろそろ帰ろうかな・・・  

 

※今週土日は完成見学会です

ぜひ、私たちWDのこだわりの数々を見つけ出してください!   

それに気付いてもらえるのが、何よりウレシイのですヽ(´▽`)/

完成間近。。。

今週末の完成見学会に向けて工事の方も佳境を迎えているここ『UMIKAZE』の現場。
Img_8902


Img_8298
土色のキャンパスに描かれた下書きに沿ってカーポート土間及び玄関までのアプローチ土間をコンクリートの洗い出しで仕上げております。
Img_7970

内部の仕上げを終えW大工さんが板塀を仕上げていきます。
Img_2373

雨の多い日が続く近頃、その合間をぬっての作業はWDスタッフも一緒になっての総力戦なのです( ´θ`)ノ
板塀も形になりましたが、その仕上げは塗装です。
Img_5393

Img_9382

これもまた雨の合間をぬっての作業!神頼みの天気もなんとかもってデッキの塗装も仕上げてます。
あとは明日からの造園工事を残すのみ、完成間近なここ『UMIKAZE』の現場なのです。

パーツ。。、

最近、寒波の影響で冬らしい寒さが続くなか完成までのカウントダウンがかかってるここ『UMIKAZE』の現場では寒さにも雨にも負けず仕上がっております。


Img_8541

外部の方では外構工事の鋤き取りが着々とすすむなか、『UMIKAZE』のメインパーツである外階段を取付けました。

Img_6203

Img_3348

普段なら鉄骨で造られた一体ものの階段をそのまま搬入して取付けてたのですが、今回は搬入路じょう部材を分ける必要があり現場組立てしております。
内部の方でも仕上げ作業が !!

Img_7625

各所を彩るパーツが続々と取付けられていきます。
それに加え階段手摺も…、
Img_6684

Img_3202

ステンレスポールを曲げ加工し焼き付け塗装で仕上げられた手摺はまさに一発勝負!図面通りに造られてるとはいえ、現場に取付けられるまでは期待と不安でいっぱいです。仮合わせを行い手摺の建ちも良く皆安堵の表情Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

Img_6214

取付けられた手摺は直線と曲線が交わる美の融合です。
そんななか昨日、市役所による完了検査を行いました。配置、内部と検査していき何事も無く無事終了。。。
完成までの日が刻一刻と迫るなか外構工事の仕上げへとうつるここ『UMIKAZE』の現場なのです。