百祥(ひゃくしょう)

新富町「TOP GUN」は、めでたくお引渡しの日を迎えました。

1422194915247

たくさんの思いの詰まった建物、嬉しいのですが なんだか寂しくもありまして…
朝、他のスッタフより 少し早く現場へ入りまして、感謝の気持ちを込めて植栽へ水を撒かせてもらいました。

1422194926035

現場の始まった夏の暑い日…思い出に浸りながら準備をしていますと…
「TOP GUN」を担当した平岡くんも早めの現場入り、しばし2人で思い出話となりました。

そしてお引渡しの時間、御施主であるF様ご家族も家に入り、今度は4人で思い出話に花が咲きます。

1422194900555

思い出話を終えて、本題でありますお引渡しの細かな説明をさせていただきます。

1422194878614

写真はキッチンやその周りの設備品の説明をしているところ。時より冗談を織り交ぜつつ細かく丁寧に説明をしていきます。
1年前、工務スタッフとして私もしていた「取り扱い説明」…。目の前で平岡くんが行っている…新鮮に感じながらも、頼もしく見えてきまして…。これまた感動です(笑)

1422194866103

F様ご家族も、真剣に聞いて下さりまして、平岡くんの説明にも力が入ります。
こころなしか、身振り手振りが大きくなっているような…

1422194846446

そしてクライマックス!玄関の鍵を「工事用の鍵」から「本物の鍵」へと交換する時がきました。
この時、ご主人様もいろいろな思いで鍵を回されていたと思います。それを見守る奥様、とてもとても感動する場面でした。

1422194813277

鍵の交換も終わりまして、WOOD designよりプレゼントを贈らせていただきました。

1422194832779

最後はご夫婦二人と「TOP GUN」の記念撮影。娘を嫁に出す父の気持ちを、またもや味わってしまいました。(何回目でしょうか…涙)

「F様、おめでとうございます。これから永いお付き合いとなりますが、よろしくお願いします!」

これからこの家に、たくさんの幸せが訪れますよう…「百祥」を祈りながらお引渡しを終えました。

士魂(しこん)

見学会も終わり、いつもの静けさを取り戻した新富町「TOP GUN」
そんな静けさも束の間…あらたな出来事が始まろうとしていました。

1421962704396

午後一番、真剣な表情のスタッフや業者さんが集合します。
一体何が始まろうとしているのか…

1421962777306
1421966782875

写真をみればわかりますね。
お引渡し前の総点検&清掃が行われました。

1421962758483
1421962827325

電気関係のチェック、ドアの締まり具合、モイスの清掃、開閉部のチェック…

1421962730049
1421962861872

外壁の清掃、床の清掃とチェック、設備と漏水のチェック…

1421962876186
1421962887137

多岐にわたる清掃やチェック、お客様へお引渡しをした後に不都合が出ないように何度も行われます。

1421962690785

そして本当の戦いはこれから、「検証会」が始まります。
現場担当をしていた頃、この時間が一番緊張していたのを覚えています。(今ももちろんですが…)

1421962677131

ここではみんなが「感じたこと」「思ったこと」「望むこと」を素直に発表する場となります。
「なんで?」「どうして?」…これが明日のWOOD designを作るのだ!と思い、みんなが熱く語り合います。

1421962641805

議論に火がつくと、その語らいは深夜にも及びます。
今回も遅くまで「検証会」は続きました。そして気が付けば…どっぷりと日も暮れて夜に。
次回に繋がる新たな挑戦項目を見出したスタッフ達でした。

そして最後に、現場を担当した平岡君の床掃除で締めくくりとなります。
いろんな思いで行う床清掃、反省すること、次に繋がるアイデアなどが頭を駆け巡ります。

Image11

「チリ一つ残さず」を胸に、遅くまで清掃を行っていました。

今週末のお引渡しをするその日まで、「磨く」作業は続きます。

最終工程

A6
 
プランニング時に、道路からの高さや建物の見え方 そして
 
ウッドデッキの位置や居心地よく暮らす為の工夫 家具造作のデザイン
 
そして、 お庭づくりまで 初期プランニングに盛り込む
 
その最終形は、お庭づくりです。
 
A7_2
 
先ずは、自分の足で生産者が確保している山へ出向きます 
 
建築業界で、ここまで来る人は少ないようです・・
 
私は、全棟 この動きをしている。 
 
 
 
ここで、面白い方をご紹介します。
 
生産者の方が飼っている愛犬(春太郎)です 
 
ほぼ、人間のいう言葉がわかります。
 
A5
 
嫌いな人には、噛みつきますので注意です。 
 
私には、シッポを振って懐いてます(^^)/
 
 
今日は、山に植栽選び 
 
現場の雰囲気を脳裏に焼きつけ 限られた中から
 
丁度いいを選び出すのです。 
 
そして、印をつけていく  今回は19本選び出し 
 
後日 現場に搬入です。
 
A_2
 
現場では、まず整地を行い 
 
雨水の排水を考え 調整しながら整えていきます
 
 
整地が終わり 次に、選んだ木々を
 
イメージしていた通りに微調整しながら、配置して行きます
 
今回は、クレーン車 2台での搬入です。
 
Photo
 
どのように考えて、配置しているかと言いますと・・・
 
 
下記 写真は家の中から見た木、モミジ(落葉)です 
 
その両サイドは、常緑樹で近隣の家を年中 葉っぱでボカしています
 
その近隣の屋根の隙間から、冬の夕陽がさしてくる 
 
A_3
 
冬は太陽を取り込み 夏は、モミジの葉っぱで木漏れ日を楽しむ
 
☆印が夏の葉っぱの域です。
 
 
整地した後には、雑草対策として 
 
シートを張っています このシートだけで雑草は半減 
 
その上に砂利敷です
 
A4
 
 
見る見るうちに、雰囲気がでてきます 
 
最初に敷地をみた時の、建物の外観と植栽計画が 
 
現れてきてます。
 
A
 
土の部分には、杉の皮で覆い、土の流出を防いでいます
 
見た目も美しい仕上がり。。。 
 
A3
 
水遣りをすると、表面が締まってきて
 
流出もなく雑草も生えにくい効果もあります。
 
 
これが、WDのお庭づくりの定番です。 
 
明日から、いや今日から2日間 完成見学会です 
 
トータルの仕上がりとココチイイ家を見に来て下さいね。 
 
まずは、お施主様に観て頂きたい\(^o^)/・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

佳境(かきょう)

 

年明けからの完成見学会に向けて工事の方も、
 
佳境を迎えているここ『TOPGUN』の現場。
 
 
Securedownload2

 
 
外構工事のほうでは土色のキャンパスに描かれた下書きに沿って、
 
 
Securedownload3

 
Securedownload4

 
 
カーポート土間及び玄関までのアプローチ土間、
 
のコンクリートの下地を造っていってます。
 
 
Securedownload

 
 
外部のほうでは大工さんがデッキと板塀を仕上げていきます。
 
他現場の大工さんたちの応援をもらっての総力戦なのです( ´θ`)ノ
 
 
Securedownload1

 
 
板塀も形になり完成まであと一歩のところまできた、 
 
ここ『TOPGUN』の現場なのです。
 
 
 
 
 

素材(そざい)

仮設足場も解け外構工事がすすむなか内部の仕上げも次の工程に移ってきたここ『TOPGUN』の現場。

 
 
Securedownload

 
 
内部のほうでは大工さんが階段の造作を行っております。
 
階段にはおおきく分けて箱階段とストリップ階段の二種類あるのですが、
 
ここでは箱階段になります。
 
 
Securedownload1

 
 
箱階段は1×2mのパネルで造っていきます。
 
まず、そのパネルに図面を原寸化して墨出ししていきます。
 
次にその墨に合わせて側板、蹴込み板、踏板の部材をとっていきます。
 
 
Securedownload2

 
 
その部材をひとつひとつ丁寧に組立ていけば箱階段の完成です。
 
箱階段は使用する素材によって仕上りがかわってくる面白い一面もあります。
 
また、平面プランの構成上いつもとちがった形の階段の仕上りになってます。
 
 
Securedownload5

 
 
階段の造作を終えるといよいよ板壁と床の仕上げです。
 
 
Securedownload4

 
Securedownload6

 
 
一枚一枚、寸法を測り、切り出しした板を丁寧に貼り納め仕上げていきます。
 
この作業の繰り返しなのですが大工さんの手の温もりが、
 
家の温もりにかわっていくのかなと思えてきます。
 
 
Securedownload3

 
 

天井、壁、床、階段に使用されている板材は同じ杉材になります。
 
しかしながら、木の持っている目の性質で感じかたが少しづつかわります。
 

デザインなどの造形を楽しむだけでなく、

 
その「素材」に注目してみるのも建築の楽しみですよね(^。^) 
 
今年も佳境にはいりましたが、
 
現場のほうも佳境をむかえつつある『TOPGUN』の現場です。