お引き渡し

 

見学会も終わり、またいつもの静かな住宅街に戻った

「ただいま おかえり」。

本日は「検証会」をむかえておりまして。

 

Dsc_3327

 

細かな寸法の確認や、もう一度検証し

改善策を探る部分をあぶり出していきます。

何気なく納めてしまっている部分に あえてメスを入れる…。

 

Dsc_3330

 

一見無駄に思える作業なのですが、細かい改善を

積み重ねる事によって 次の現場へと繋がっていきます。

 

Dsc_3331

 

この日も遅くまで「改善」が続きました。

 

Dsc_3386

 

そして明けた次の日、「ただいま おかえり」はお引き渡しの日をむかえました。

 

Dsc_3390

 

取り扱い説明から始まり、毎日使う設備や、

万が一に備えた保証など細かく説明していきます。

 

Dsc_3388

 

そして、初めて工事用の鍵から、お客様専用の鍵へと変わる瞬間をむかえました。

 
この作業後は 今まで使っていた工事用の鍵は使えなくなるのです。

 

緊張しながら鍵を回し、めでたくA様専用の「木の家」となりました。

 

Dsc_3392

 

最後はプレゼントもいただきまして…。

 

Dsc_3393

 

お引き渡しが完了いたしました。

これから また永いおつきあいが始まります。

 
スタッフみんなで 心を込めて見守っていきますので、

これからもよろしくお願いいたします!

A様、おめでとうございました。

「ただいま おかえり」完成!そして見学会へ

いよいよ工事も終盤をむかえた「ただいま おかえり」。
内部の工事もほぼ終わり、本日は宮崎市によります「完了検査」の日をむかえました。

Dsc_3255

キッチンの天井高さや、指定の換気扇が取り付いているかなど 細かな部分をチェックしていきます。
何度やってもこの時はドキドキするものですね。

Dsc_3252

2階の天井の高さもチェックします。
そして感知器や吸気の位置までくまなくチェックです。

Dsc_3254

完了検査が終わると、今度は見学会の準備に入ります。
今回は「ただいま おかえり」がデビューとなるソファーも入り、楽しみな見学会となりそうです!

Dsc_3265

家を飾るインテリアも、今までのものを一新し、新たなアイテムてデコレート。
こういうセンスは、女性ならではのものでしょうか。可愛いですね。

Dsc_3267

なんだか生活感が出てきて、「家が動き始めた…!」みたいな そんな感じでしょうか。
温かく、清潔感があって なんだかこれからのここでの生活を垣間見ているような…

Dsc_3275

今回の見学会、雑貨屋さんとのコラボレーションで行う初めての見学会となりまして。
いやはや、なんとも楽しみでございます!

Dsc_3272

辺りはすっかり夜も更けて、見学会の準備も整いまして 明日を待つばかりとなりました。

生目にまた新しい「木の家」が誕生しました。

もうすぐ完成!

工事が大詰めをむかえた「ただいま おかえり」。
写真は外構工事にて コンクリートの型枠を作っているところです。

この工程、実は植栽工事と密接に関わっていて、業者さん同士のコミュニケーションが大事な作業なんです。

そして電気の配線も絡んでくるので、まったく気が抜けない作業の連続なのでありました。

Dsc_3258

そして同時並行で、カーポートも進みます。
まだ打設したばかりで 水気がありますが、ここから時間をかけて綺麗な美しい仕上りになっていくんです。

Dsc_3257

リビングから朝の太陽を望むところ。

家の東側には広大な田園風景が広がって とても美しい「ただいま おかえり」。
植栽がどんな仕上りになるのか…楽しみです。

Dsc_3264

ここから劇的に現場が変わっていきます!お楽しみに!

菜種梅雨には負けません!

Dsc_3151

順調に作業の進む「ただいま おかえり」の現場。
すっかり季節は「菜種梅雨」。そんな合間に、いろんな作業が進みます。

Dsc_3113

写真は「上り框」を取付する様子。
今回は一本の無垢材から切り取りました。

Dsc_3116

この材料が硬いのなんの…
しかしこれが大工さんの腕の見せ所、狂いなく美しく納めてくれました。

Dsc_3160

その框の取付が終われば次は左官工事がまっています。
前日に框の完成を見越して、土間の下塗りを済ませありましたので、今度は仕上げ作業となります。

Dsc_3163

一度仕上げてから、丁寧にゆっくりと表面を洗い出していきます。
すると…かわいく綺麗な「石」が顔をのぞかせました。

Dsc_3162

よく見ると、いろんな色や形の石で出来ている洗い出しの土間。
きっとこの中には、ルビーやサファイアの原石が混ざっているのかもしれませんね。(混ざっていません…)

こうして大切な太陽を分け合いながら作業が進んでいました。

Dsc_3134

写真は現場から見える田園風景。

もうすぐ田植えが始まりそう。

そしてその頃、「ただいま おかえり」も完成をむかえます。

こだわりのはじまり

めっきり春めいてきた、生目の森近くの「ただいま おかえり」。
上棟式を終え、順調に作業が進んでいます。

Img_0267

「ただいま おかえり」の周りには 美しい田園風景が広がります。
その景色を切り取るための「魔法の道具」も到着しました。(この話は次回にとっておきまして…)

Img_0258

2階のデッキスペース施工の様子。
長いシートでデッキの下を張り上げていきます。

このバルコニーからも、生目の美しい風景が望めるので 見学会が楽しみですね!

Img_0230

そしてその下。
実際には直接見えない部分なのですが、美しい仕上りにする為の塗装を施します。

WOOD design「こだわり」の始まりです。

Img_0242

そして美しい風景と室内を楽しめるよう、完成まで気が抜けない…自分達の戦いも始まりました!