お引渡し。

 

40d1822ac7534df1b519c513bf2b18be

 
建て方から3ヶ月が過ぎて
 
必然に訪れるお引渡しの日
 
いつまで眺めていても飽きない佇まいです。
 
2
 
 
現場担当による、住まい方の説明等。。。 
 
1
 
3
 
最後は、記念品の交換みたいな儀式となるのが
 
ここ最近の引渡し風景です。
 
そして、WDの住まいの定番になりつつあるのが
 
洗濯モノ干しバーです。
 
4
 
取付、取外しは、わずか5秒 
 
そのままでも、存在に違和感を感じさせない干しバーです。
 
早速、今夜からでもご使用頂けます。
 
 
見えない所の床下は、完璧なまでの掃除機掛けで
 
お引渡しに備えてきました。。 登場人物:椎葉
 
Dsc_0438
 
やり残した感ゼロ、のお引渡しに感無量です。
 
住まい方について、疑問点などありましたら
 
       得能まで。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
   

仕上げ工事

 

T-treeの現場 最終工程の植栽計画の様子です。。
 
1
 
窓の外には、四季折々の木々を配置しています。
 
室内からの見え方、外部からの見え方 どちらも大事ですね。
 
 
2
 
トータルのバランスを考えて
 
駐車スペースのコンクリート工事や
 
ウッドデッキ、板壁工事 建物の見え方や配置まで
 
考えに考え抜いた答えが、ついに形となりました。。
 
3
 
 
LDKと繋がるウッドデッキ
 
4
 
近隣の植栽とコラボして
 
居心地のいい、外のリビング完成です。
 
   - toku –
 
 
 
 
 
 
 
 

塗装仕上げ。

 
 

完成お披露目会まで残りわずか(≧m≦)

 
 

そんな『T-tree』では、

外部の塗装仕上げ工事が行われました[E:sun] 

内部仕上げと同様に外部でもふんだんに木材を使用しており、

その部分の多くは色を付けて仕上げていきます[E:eye]

Unnamed_1_2

 
 

色の組み合わせが建物全体のイメージをつくるという事を

考えるととても重要な工程にひとつです。

また外からのイメージ同様、建物内部からのバランスも重要です。

Unnamed_3_2

 
 

内部から見た雰囲気はお施主様目線をイメージして。

  
 

朝、昼、晩と必ず目にしていくこととなる、この内から外への

広がりを考慮していく必要があります[E:eye]

気持ちいい、且つ落ち着きがあって飽きのこない雰囲気づくりも

建築屋の仕事のひとつかもしれません[E:shine]

Unnamed_2

足場解体。

  
 

写真は足場解体後の『T-tree』です[E:flair]

Unnamed_4

 
 

足場やシートで隠れていた部分がはっきり確認できるようになりました[E:eye][E:shine]

Unnamed_5

 
 

破風板、軒天部分の塗装がアクセントとなって、

青い外壁をより一層鮮やかなものへと変化させています[E:shine]
 
Unnamed_6

 
 

足場解体前にはWD工務スタッフ恒例の屋根・外壁の洗浄を

行いました。

Unnamed_2_2

 
 

足場解体後のお手入れ、掃除が難しくなる箇所を

 

重点的に洗い流します[E:eye]
 
Unnamed_3_2

  
  
 
足場解体後は、
 
宮崎市役所による建築完了検査が行われました。
  
外廻りでは建物の配置を確認されます。
 
Unnamed_1_2

 
 
 
内部では手摺や換気など事細かに検査されていきます。
 
完了検査は問題なく合格でした!
 
Unnamed_8
 
 
今後はいよいよ外構工事へと移っていきます[E:dash]
 
T-tree』はクライマックスへ突入です。

外壁仕上げ!

  

T-tree』の外壁はガルバリウム鋼板仕上げです。

外壁色は「深い青」。

Unnamed_4

  
  

青色にはリラックス効果、清潔さ、誠実さといった様々な

イメージ効果があるようです[E:shine]

この厳しい暑さのなかでも目の保養となり

優しく清々しい雰囲気を感じられます。

Unnamed_4_2

 
 

フレームがグレー色のサッシとも相性抜群で

バランスのよい落ち着いた仕上りとなりました!

Unnamed_2_2

 
 

今後は外部塗装も控えており、

トータルな色の組み合わせでどのように変化していくかも

楽しみのひとつですね[E:shine]

Unnamed_3_2