お引渡しです

 
 
Image2_1_2
 
棟上げの日、ご両親、お友達と一緒に写真を撮ったあの日から
 
本日は、nature様邸のお引渡しの日です[E:notes]
 
Image3_6_2
 
建築確認書、保証書、取扱説明書などを
 
代表が確認しながら説明をしていきました。
 
朝日[E:sun][E:sun]がさんさんと入る和室での説明です。[E:eye]
 
Image5_2_2
 
何といっても水回りは奥さんのテリトリー(o^-^o)です
 
水栓の扱い、IHの説明を熱心に聞いておられました。
 
Image4_5
,
ロールスクリ-ンの取り外し、網戸の取り外しは
 
ご主人の担当でしょうか?( ^ω^)・・・
 
Image6_1
,
防井枡はこまめに点検清掃を致しましょう。
 
Image7
 
最後に玄関の鍵の説明です、工事キーから本キーへ[E:eye]
 
Image2_4
,
両家のご両親達も来られており、皆さんで[E:camera]もう一枚[E:camera]
,
お父さんお母さん本当にお世話に成りました。(;ω;)
 
Image1_5
 
zen君は木の家でどんな夢[E:night][E:sleepy]を見ますかネ~[E:notes]
 
そして、来年お兄ちゃんになりますね( ^ω^)・・・[E:chick][E:chick]
 
何時までも何時までも宜しくお願いしますね(o^-^o)
 
nature様本日は誠におめでとうございます。
 
yano
 

お引渡し前の

Dsc_4435
 
お引渡し前の清掃と社内の検証会が先日nature様邸で行なわれました。
 
①検証会では
 
イ)建物の配置➡配置・太陽の動き・風の導き・近隣の視線など
 
ロ)建物の外部➡外壁、屋根、木部の色が建物と調和しているか
 
           窓のサイズは?バランスよく配置してあるか
 
           ウッドデッキの高さは、広さは適切かなど
 
ハ)建物の内部➡照明の位置、数、キッチンの大きさ、階段手摺など
 
             その他にもたくさんの項目を確認します。
 
Dsc_7574
 
検証会の風景です、
 
今回のnature様邸の総評をスタッフ一人一人感じた事を発表
 
発表する中に将来のウッドデザインのヒントがあるのです。
 
Image7
 
②検証会前の清掃の様子です。
 
掃除は、掃除の会社に任せたらと思いますが、ウッドデザインでは
 
スタッフ全員参加で確認と感謝の気持ちで清掃させて頂いています。
 
Image8_2
 
天井杉板に入り込んだ細かいゴミも逃さまいとι(´Д`υ)アセアセ
 
Image4
 
キッチン周りは、代表と建具屋さんとで調整確認中です。
 
Image6_1
,
設備屋さんにも参加して頂き、水漏れが無いか調べます。
 
Image5_2
,
床下の清掃点検は毎回一番若いhiraoka君がまさに今出陣です(*^-^)
 
床下でゴーゴー掃除機の音が長く長くいつまでも響いていました。[E:good]
 
Image3
 
2階デッキ付近ではデッキの汚れ、外壁の最終のチェック中です。
 
綺麗な姿でお引渡し出来ます様に、スタッフ全員で実施しております。
 
 
nature様の現場からyanoが報告です。
 
 
 
 
 
 

打合せ

Image1_5_2
 
本日は、nature様邸の打合せの日です。[E:cloud]
 
足場も取れて、棟梁は土場で室内で使う
 
材料をカットする作業に追われております
 
職人さん達は、外部配管の準備作業をしていました。
 
Image5_3_2
 
そんな中、もう何回目の打合せでしょうか?
 
本日の打合せは、足場が取れて全体の感じを確認して頂き
 
色決めです、先ずは、玄関ドアーの色、玄関天井の色です、
 
代表が自ら色見本を並べての説明が続きます
 
ご夫婦で、「右の色?明るい色?それとも他の色が良い?」
 
などとご相談をされて色が決まっていきます。(*^-^)
 
Image6_4
 
続いて、ウッドデッキの色です、二階のデッキの場所から
 
色見本を見せて頂き「濃ゆい色?薄い色?おすすめの色は?」
 
そんなお話をされて、良い色がすんなりと決まりました。( ^ω^ )
 
Image3_5
 
nature様工程は順調に来ています、この時間ワクワク感
 
ドキドキ感を完成まで味わって下さいネ。(o^-^o)
 
yano

ノロノロ台風

 

 
 
 
ノロノロ台風通過前に
 
屋根工事と外壁下地工事を終えています。
 
 
Img_2650
 
 
クレーンを使って搬入しているのは
 
外壁のガルバリウム鋼板です。
 
 
Img_2648
 
一番高い所で7mほどになります。
 
その高さまで継ぎ目なしの1枚で仕上げるため、
 
曲がったりしないように大切に慎重に扱って
 
下ろしています。
 
 
 
 
 
 
内部では、棟梁が2階の天井板を張りと
 
モイスの壁張りを進めています。
 
 
Img_2651
 
 
 
 
柱、梁が化粧で見える仕上げの為
 
板を張る時も、モイスを張る時も
 
1枚毎に何度も擦り合わせて調整を
 
繰り返した後、仕上げていきます。
 
 
 
Img_2653
 
 
 
台風が通り過ぎるのを待って、
 
いよいよ外部の仕上げ工事です。
 
 
natureにまた一つ新しい色が加わります。
 
お楽しみに!!
 
 
 
 
 
 
 

木製サッシ到着

 

 
 
大切に運んでいるのは木製サッシです。
 
Low-Eのペアガラスがセットされた完成品として
 
届くので重量は写真のように二人掛かりで
 
抱えるのが精一杯です。
 
これを2階に上げる時は四人掛かりです(^-^;
 
 
 
4a09d0c6c0f9470b9a3502a1a6db2806
 
アメリカのミネソタで産まれて、
 
西海岸までアメリカ大陸を鉄道[E:train] で横断、
 
そして太平洋を航海して[E:ship] 日本到着、
 
その後再び国内を鉄道(JR)[E:train] で移動した後、
 
専用コンテナでWDの現場に到着。
 
木製サッシの長〜い旅はこうして
 
ようやく終わりとなります。
 
 
 
Be8dde75b3ea4ff7af0c20c09643890b
 
 
現場では棟梁の手で取付が完了して
 
外壁張りの下地組が始まっています。
 
 
 
5112b82151c7435c8edc82b9fac6586c
 
 
JIO検査員の方による2回目の検査(躯体検査)も 
 
先日、終わりました。
 
 
 
8e727020f07d4f7c902157268ac1dc7b
 
 
これから、棟梁は外部下地工事と内部天井板張り、
 
設備工事はシステムバス設置へと進んでいきます。