Le Premiers

まずは外回り

Le Premiersの現場より

建て方も終わり、まずは雨仕舞の処理を行う為、建物の外部の作業を進めます。

こちらは屋根施工の様子。

棟の部分に換気口を取付け、軒先の通気口と連動して小屋裏の空気が入れ替わる仕組みになっています。

 

 

こちらは外壁下地ボード貼後のサッシ取り付けの様子。

ブルーシートで覆われて薄暗かった屋内が、サッシを取り付けることによって一気に明るくなりました!

 

第三者機関による躯体検査の様子。

耐力壁の状態、釘が正しい間隔で打ち付けられているか、軒先が風で吹き上げられても大丈夫なように金物が取り付けられてあるか?

など完成後は見えなくなってしまう、構造上重要なポイントをチェックして頂きます。

検査も難なく合格!

順調に進む現場でした!

 

 

hiza

 

画竜点睛~Le Premiersの上棟式~

10月というのに、日中は30℃を超えまだまだ暑いですね。
朝夕の涼しさと、日中の暑さで服装に困ってしまいます。
来週からは気温が下がるようですので、服装に十分ご注意下さいませ。

さて、まだまだ暑い中、Le Premiersの上棟式が執り行われました。

全員がそろったところで、上棟式の始まりです。
まずは東の方向へ二礼二拍手一礼します。

次にお施主H様、ご家族皆様で画竜点睛となるドリフトピンを打ち込んで頂きました。

ブログタイトルにしましたが、この「画竜点睛」という言葉。
画竜点睛とは、物事を成し遂げるために重要な最後の仕上げという意味です。
中国の梁の時代、張僧繇というの画家が描いた竜の絵が、最後の瞳を描き終えた時に本物の竜のように空高く舞い上がったという故事に由来しているそうです。

余談ですが、ポケモンの技にもこの言葉が使われていました。
ガリョウテンセイ・・・ポケットモンスターに登場するレックウザ専用の技。
技の概要にはメガレックウザにメガシンカする為にはこの技の習得が必要不可欠と書いてありました。
何のことか全くわかりませんでしたが(ポケモンファンの方ごめんなさい!!)一つ勉強になりました。

話がそれましたが、、、
現場監督のhizaがピンの仕上げの打ち込みをしました。

最後に皆様で献杯して、無事上棟式は終了となりました。

上棟式終了後は、設計のiwaと現場監督のhizaと電気配線などの打合せ。
図面を見ながら、一つ一つ細かく確認を行います。

その後はH様とWDスタッフでしばらくお話しタイム。

笑顔の絶えない、楽しいひとときとなりました。

H様上棟おめでとうございます!
これからLe Premiersは次の工程へと進んでまいります。
完成まで色々な変化をお楽しみくださいませ。

さあ現場チェックだ!

秋が深まりつつありますね〜。
国文祭、芸文祭も、とうとう今週末までとなりましたね。

さて先日、華麗に建て方を終えた「Le Premiers」の現場に行ってまいりました。

週に一度の現場チェック。チェックという名の現場クリーン活動です。

このクリーン活動は、お施主様が安全に快適に生活していただくために、釘やネジが落ちていたり、ピンの突出、キズ割れなどないか、隅々まで調べていきます。また汚れなどがあればすぐに拭きあげます。

見落としがちな天井にも埃は付着しており、しっかりと掃き掃除していきます。

まだ棟が上がったばかりで、木屑などまだそれほど落ちていませんが、とにかくきれいに!

天井や梁は背の高いスタッフが担当。。。。

柱や床は背の低いスタッフが担当。。。。

 

 

とはいうものの、スタッフみんな、高いところ低いところ、広いところ狭いところ、暑いところ涼しいところ、全く関係なく、脚立に登ったり、床にはいつくばったり、おのおのが目を凝らし、われさきにキズやよごれをみつけてはきれいに磨いております。

なんといいますか、現場をきれいにすると心が洗われるといいますか。。。。
秋ですね。。。。

 

さあ工事は始まったばかりです。しっかりと磨いていきますよー!

ike502

 

 

 

 

 

 

 

秋の初風、建て方日和。

Le Premiersの建て方の日。
早朝のLe Premiersの現場は少し涼しく、時折吹く風に秋を感じながらの始まりでした。

続々と大工さん、クレーン業者さんが到着します。
朝礼では現場監督のhizaから、Le Premiersの作業説明が始まります。
その後、お施主H様よりご挨拶。
緊張されながらでしたが、スタッフへの気遣いがとても伝わるご挨拶を頂き、全員の士気も一気に高まりました!

いよいよ建て方スタート!
大工さん達の抜群のチームワークで次々と柱が立ち上がり、梁が取り付けられていきます。

現場監督のhizaが見守りながら、細かくチェックしています。

お施主H様、奥様も建て方の様子を見守っていました。
この日をとても心待ちにして下さっていました。
10月とはいえ、まだまだ日中は暑い中でしたが、お施主H様、奥様の嬉しそうな表情を見ると暑さも吹き飛びます。

天井部分の合板を貼り終え、小屋裏の組み立て作業にかかります。

それにしても、本当に素晴らしいチームワークです!!
それぞれがそれぞれの動きを把握し、スムーズに進む作業。
見ていてとても気持ちがいい!感動しっぱなしです。

あっと言う間に小屋裏も完了。
お昼の時間となりました。

お施主H様からお弁当の差し入れ。
みんなで美味しく頂きました。
ありがとうございました!

午後からは屋根パネルの配置からスタート。
代表のyamadaも横から見守ります。

屋根に防水シートを張り、壁にブルーラッピングをして、無事にLe Premiersの建て方完了となりました!

最後にお施主H様よりご挨拶。
「木の家が出来上がるまでをみなさんと一緒に楽しみたいです!」
この言葉に感動し、とても嬉しい気持ちになりました。
1日建て方にお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

これから、次の工程に進むLe Premiersもぜひ楽しみながらご覧くださいませ!

建て方に向けて

Le Premiersの現場より

 

基礎工事が終わり建て方に向けての準備です。

こちらはN棟梁による加工場での合板加工の様子です。

図面を読み解きながら床の下地と天井で使用する合板に柱等が掛かるように切り欠き加工等をしていくのですが、想像力が必要とされ、加工の正確性が建て方作業の効率に影響を与える重要な下準備となります。

一方現場では水道屋さんによる水道配管工事を行っていきます。

配管もバッチリ!

 

合板加工後は、応援の大工さんも入って一気に「土台敷」を行ってしまいます。

10月とはいえ、30度を越えの中の作業でした。ありがとうございました!

このあと、構造材同士の部材を繋ぐための金物を取付、材料の養生を終えて、無事建て方前の作業は完了です!

 

 

足場もバッチリ組みあがり、建て方を待つLe Premiersの現場でした。