稀龍のいえ

「稀龍のいえ」のお引き渡し

Image11

今年の春、建て方が終わり、S様ご家族と一緒に撮った写[E:camera]真です、

そして、本日のお引き渡しとなりました。(*^m^)

3

今年の梅雨は、私の記憶にないぐらいの長雨[E:rain]でした、

その為に外構が遅れ、植栽を植えようやくお盆前に完成致しました。

8

お引渡の前に、取扱説明書等は冊子にファイルしてお渡し致しますが、

特に、奥様の関心の高い水回り、設備などに付いては、

工務担当のH君の説明です。

Image_2

UB[E:spa]の清掃のポイントを丁寧に説明です。

Image

最後に、工事キーから本キーへ、息子さんが確認です。

そして、お引渡しの全てが完了です。

7

WDから、新築の記念品[E:clock]の贈呈です、

いつまでもご家族で、末永く時を刻んで頂きます様に(*^-^)

Image2

玄関、植栽の前で親子で記念撮影です。

これからも、WDとの末永いお付き合いを、

宜しくお願い致します。( ^ω^ )

 

ラストスパート!

仮設足場もとけ、内部も仕上がったここ『稀龍のいえ』の現場。
Securedownload3_2
先日、市役所による完了検査を受けました。
図面とスケールを片手に外部に始まり内部へと見廻していきます。
検査の様子はまるで一足早い内覧会のようでした。
Securedownload_2
そんな検査も無事終えるなか外部では外構工事の真っ只中です!!
Securedownload1_2
鋤取り、ブロック積みを終えると次は大工さんによる板塀工事です。
応援の大工さんの手をかりての作業は総力戦なのです。
Securedownload2_2
外構もみるみるうちに仕上り外構工事もあとわずか、
完成までラストスパートがかかった『稀龍のいえ』の現場なのです。

コントラスト。。

外壁も貼り終わり建物の全貌が見えてきたここ『稀龍のいえ』の現場。
Securedownload2
仮設足場の解体前に外部のチェックを兼ねて水洗いを行いました。
Securedownload1
外部、一面一面を見て廻り丁寧に拭上げていきます。
まだ完成したわけではないのですが、
よくぞここまで出来上がったなと干渉に浸れるひと時でもあります( ^ω^ )
Securedownload
そんななか、いよいよ仮設足場の解体です。
「カン、カン、カン」と足場を解体する音は、
完成へと導くカウントダウンのようですね。
Securedownload3
仮設足場も解け、ガルバの外壁と板壁のコントラストが、
住宅街にいい感じに映える『稀龍のいえ』の現場なのです。

圧巻。

外壁仕上げ工事に入ったここ『稀龍のいえ』の現場。
Securedownload1
外壁をガルバリウム鋼板の波板で仕上げていきます。
この作業は二人一組で行うのが基本ですが、
三階建てともなると約7mの一枚もののガルバリウム鋼板の波板を貼っていくので、
三人で作業を行っていきます。
Securedownload2
呼吸を合わせて貼っていく作業の様子は見ていて圧巻です( ^ω^)おっ!!
それに加えガルバリウム鋼板の波板の縦のラインが、
真っすぐ通っていて仕上りが綺麗です。
Securedownload
そんななか内部のほうでは着実に床仕上げ工事がすすんでいる、
『稀龍のいえ』の現場なのです。

見せ所。。

内部モイス貼りがすすむなか、階段の製作に入ったここ『稀龍のいえ』の現場。
Securedownload4
『稀龍のいえ』の現場は三階建て、箱階段とストリップ階段の組合せになります。
まずは一階〜二階部分の箱階段です。
Securedownload5
一枚のパネルから踏み板、蹴込み板、側板と部材を加工し、
部材一枚一枚を丁寧に組上げていきます。
Securedownload6
次に二階〜三階部分のストリップ階段です。
一枚の板にノコとノミを使って丁寧かつ慎重に溝を彫り込んでいきます。
Securedownload2
Securedownload3
先ほど彫り込んだ溝に一枚づつ丁寧に踏み板を組込んでいきます。
こうして組上がった階段がストリップ階段になります。
階段製作は大工さんの手で一つ一つの部材を加工して、
丁寧に造り上げていく腕の見せ所なのです( ̄▽ ̄)
Securedownload7_2
そんななか外部のほうでは外壁の仕上げ工事にはいった、
ここ『稀龍の家』の現場なのです。