designart

is now ready!!

まだ11月の暖かいとある日。
designartでは展示会へ向けて準備中。

6月の着工から、お施主様をはじめ、大工さん、沢山の業者さん、スタッフで造り上げた木の家をお披露目する日が近づきました。

現場監督のichiroは最終チェックに余念がありません。

hizaはロールスクリーンの取付中

iwaやike502、kitはお披露目に向けて黙々と準備を進めています。

木の家の愛称「designart」のとおり、お施主様がこだわった”デザイン”と”アート”。
様々な角度からの建物の魅せ方にこだわり、中に入れば今度は様々な個所の見え方。
そのこだわりが、関心と感動とワクワクと色々な気持ちを沸き起こしてくれます。

たくさんのこだわりが詰まった「designart」をいよいよみなさまにご覧頂けること。
緊張もありますが、同時に楽しみでもあるのです。

木の家完成見学会「designart」

今週末まで開催しております!ぜひこの感動やワクワクを味わって下さいませ。
スタッフ一同、心よりおまちしております!!

◎昼の部11月 27(土)28(日)
10:00〜17:00 ※予約制

◎夜の部11月27(土)
19:00〜21:00 ※予約制

※今回の完成見学会は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため皆様に安心してご見学頂けるように完全予約制とさせていただきます。

■1時間ごとに2組限定とさせていただきます。 詳しくはホームページをごらんください https://wooddesign.co.jp/2021/10/22/081designart/

ラストスパート。

内部、家具も取付き先日、完了検査を受けた『 designart 』の現場。

検査も終え見学会にむけて外構工事にもラストスパートがかかりました。写真はアプローチの仕上げの工程です。ひと工程づつ着実に仕上げていきます。

建物の裏面ではW棟梁が板塀の取付けをしています。丸太杭を地中に打込み板を編み込む手法で板塀を仕上げていってます。

そんななか建物正面ではカーポートの組立、土間コンクリートの打設を行いました。10月下旬からとりかかっていた外構工事もようやく完了です。

最後にもうひと仕上げ!外構を彩る植栽たちが現場に到着です。植栽が一本また一本と植え込まれるたびに建物の表情がガラリと変わってきました。この仕上りは今週末からの見学会にてお披露目です。上棟から約4ヶ月長かったここまでの工程も今では早く感じてしまいます。

合わさる。

外壁も仕上り内部の方でも天井・床と仕上がった『 designart 』の現場。

写真はW棟梁が床を仕上げてるところです。杉の浮造りの床板を一枚づつ丁寧に貼り合わせて仕上げています。とても温かみのある仕上りになっています。

次に吹抜け手摺の造作にかかっているW棟梁。ここにもW棟梁のひと工夫があります。これらの部材の上端にはビスケットなる部材が半分埋込むかたちで飛び出しています。これは部材同士の結合に一役かっているのです。

部材同士の結合はビス跡がなく取付けています。

階段には自社で設計し製作を依頼したアイアンの手摺が取付きました。アイアンの素材そのものの質感を感じられる仕上りです。木とアイアンの融合ここに有りです。

約1ヶ月前に打合せを行い製作にかかって頂いていた家具も現場に到着です。すべてがオーダーメイドによる家具、ひと現場ひと現場ごとに違った顔をもっています。今回はどんな印象なのか!?是非、いちど見学会で直に見て触れてその良さを感じてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

こつこつとしっかりと。。。

仮設足場も撤去され、年末に向けて慌ただしくなってきた「designart」の現場です。

この日は天気も良く冬間近とは思えない陽気。

今週も週に一度の現場チェック。チェックしながら清掃していきます。

現場監督のichiroが目を光らせ、しっかりと隅々まで現場を管理しています。着工からお引き渡しまで、お施主様のケアと現場の保全に全力を注いでくれています。

その間もキズや汚れをチェックです。ウッドデザインの家は柱や梁のほとんどが見えます。
ちょっとした傷や汚れ、ピンの打ち損じなどあらゆるところをチェックしてその場で対処します。

 

細やかなわずかな隙間もブロワーをかけたり、松井棒のような自作の掃除道具を駆使したりして、とにかくキレイにします。

 

吹き抜け部分の天井や壁の上部は簡単には手が届きません。いまのうちに、しっかり磨いておきます。

 

時間と手間どちらも惜しみなく費やし、スタッフ全員駆けつけるのがウッドデザイン流。

チェックのほかに大工さんと工程を確認したり、必要な材料の確認をしたりと、とても重要な現場チェックなのです。

 

さあ「designart」まだまだ工事は続きますよー。

ike502

 

 

 

 

 

 

 

外壁コロニアル貼りの『 designart 』の現場。
そもそもコロニアルって屋根材では?と思っているかたも多いと思いますが、コロニアルのメーカーが「CBウォール工法」としてだしている立派な外壁材でもあります。そんなコロニアルの外壁の施工にとりかかりました。

コロニアルは1枚が約900×400×5㎜の部材になります。一枚一枚を丁寧に貼り、最下部の方から仕上げていくきます。コロニアルの部材同士が一番重なり合うところで3枚ほど重なるため仕上がりは魚の鱗ような鎧を身に纏った感じに思えてきます。

外壁工事を終えると仮設足場解体にむけて外部のチェックを兼ねてスタッフ総出で外壁の磨きに入りました。スタッフひとりひとりが鱗の鎧を一枚、また一枚と完成への想いを込めて磨き上げました

そして仮設足場も解け完成にむけてまた一歩近づいてきた現場なのです。