旅立ちの春

Image1

先週、完成見学会が盛況のうちに終わりました「北欧へ行きたい。。」

N様との出会いはもう2年以上も前になりますか、それから毎回

ご来場頂き、いつしかWDのスタッフ全員とも楽しく会話される光景を

よく見かける様になりました、一年前でしょうか「そろそろ土地を見つけたい」

お話を伺い、じゃあ土地からご一緒に探しましょうと・・・あれから一年

本日、お引渡の日を迎える事が出来ました。

Image9

取扱説明書・保証書・建築確認書・引き渡し証明書・

鍵を揃えてお引渡の準備はOKです。

Image6

先ず、キッチンから(食洗機・ガスコンロ)サッシ~照明~

お風呂~トイレと説明が続きます。

Image5

N様も見学会でよく体感されましたユニデールの説明に

耳を傾けておられました、なにせWDの冬の必需品ですから(*^.^*)

Image4

外部の排水升の説明です。

Image2

最後に工事鍵から本鍵[E:key]を差し込むと、工事鍵が

使えない事を確認して頂きました、不思議ですネ[E:eye]

Image3

引渡書にサインを頂いてすべて終了です。

Image7

N様から記念品、感謝のお手紙を頂きました、こちらこそ感謝です(;ω;)

WDからも記念品の時[E:clock]計をお渡し致しました。

WDの家は、年月が経つにつれていい味を出してまいります、

それが木の家の良い所です、それを是非楽しんで下さい。

N様これかもよろしくお付き合いください。

お引渡、その前に

Image10

お引渡する前に毎回必ずWDでは行うことがあります、

「最終チェックです」

清掃と確認[E:eye]磨[E:shine]きます、チェックします、

完ぺきに仕上げて、当たり前のことですが・・・

Image2_2Image1_2

tezukaさんとkodamaさんは床・デッキの点検と清掃です、

もう何回も、現場チェックなどで清掃、確認していますが繰返しです。

Image4_2Image3_2

iwamotoさんはモイスのチェックと清掃を、hiraoka君は水漏れ点検を。

Image6_2Image5_2

yamadaさんは電気系統の点検、新人のfuzimura君は掃除機で床掃除。

ここでは、床下も掃除機を隅から隅までかけています。

Image8Image7_2

ikemotoさんは柱・梁の清掃、tezukaさんは外壁の清掃、鉄人の如くです。

Image1

夕やみ染まる頃、第二部「検証~改善」が始まります。

Image11 Image12

WDがこれからも、より良いものを造りだす為に、”これで良いのか”

”何かもっと良い方法はないのか”と毎回毎回スタッフで意見を出し合い

改善していく、これが将来にとっても大切な大切な場なのです。

13

夜が更けるのを忘れて、「検証~改善」は進みます、

いよいよお引き渡しです、フィナーレを迎えます。

最終工程 植栽計画

 

WDでは外構、植栽計画まで自社で行っています。
 
なぜ?そこまでやるのか?
 
1
 
それは、最初のプラン計画の際に駐車スペースやアプローチ
 
ウッドデッキ 板壁 植栽 どれを取っても切り離せない
 
大切な計画の一部なのです。
 
建物だけ建ててお引渡しをして、後で外構屋さんに頼んでも
 
その計画の意味が見えないので、目的達成ができなくなります。 
 
 
それは、住まう人にとっては残念な結果となりかねないからです。。
 
 
今回の現場は2階リビングということもあり 
 
高さのある木々を選木しました。。
 
5
 
根のまわりだけでも直径1m まるで井戸掘り。。
 
6_2
 
クレーンで吊って 大人4人で植込みします。
 
7_2
 
続いて、
 
全長約7m 重さ300キロ級 シマトネリコ (半常緑)
 
人力で運ぶのは無理なのでクレーンで吊って
 
カーポートの上を運んで行きます。
 
9
 
緊迫したムードの中 2本の大きな木を配置しました。。
 
 
■ 目的と成果
 
4
 
前の家の2階部分に勝手口があります。
 
その勝手口がこちらから見ると気になります。
 
バルコニーの居心地も半減します "(-""-)"
 
3
 
画像(左)の木々は落葉です 
 
4月には美しい新緑で、グリーンのカーテンが目の前に広がります。。
 
それが、住まう方の楽しみの1つになるのです。
 
このあと、
 
全体の整地をしていき 下草などで美しく整えていきます。
 
つづきは、完成見学会にてお楽しみください。。
 
 
こんなメリハリの効いた住まいづくり、WDにしかできないな~
 
そう思いながら、現場をあとにしました。。。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

結集。

 
 

足場解体を終え、最終の仕上工事へと移った 『 北欧へ行きたい。。 』 。

 

これから完成までの期間は各協力業者さん現場に全員集合! のような

 

日々の賑わいが続きます。

 
 
 

内部では、

お施主様の使勝手を考慮し製作した世界に一つだけのオーダーキッチンの取付け。

 
55d42b4152fa4599a535bcddaf648eee

 
 
 
外廻りでは
 
外構工事も進行中!
 
Bb97f28a72994859a89ca252a45bd57f

 
 
 
この道40年の左官職人は階段作製に励みます[E:shine]
 
Eaeda91cd1e5434389360b76217618b0

 
 
 
玄関ポーチの洗い出しも綺麗に仕上りました[E:eye]
 
873fa92c8fe24ed19088f0f8420c1351

 
 
 
そんな中、宮崎市役所による建築の完了検査も行われました。
 
完了検査とはその建物が建築基準法に適合しているかを調べる検査です。
 
5a3584150adf4710a20007b70d0b6b66

 
 
 
外部、内部と事細かにチェックされていきます。
 
検査は指摘箇所もなく合格でした!
 
6b39b61afeab47d9ad75f0ccbac4ef45

  
 
 
完成お披露目会まで残すところあとわずか。
  
  
いよいよクライマックスへ突入です!
 
 
 

足場解体!

 
 

完成お引渡しへ向け着々と工事が進む 『北欧へ行きたい。。』 。

 

上棟から約2カ月半。

 

外部では待ちに待った足場解体が行われました!

 
 
 

WDでは足場解体前にスタッフ自ら屋根、外壁の清掃を行います。

205ecaa554464e8ba3d9f029d096d47a

 
 

工事中にどうしても付いてしまうホコリや垢を綺麗に洗い流します。

52854b97f7d34b718f9bb3fe9bcd8b30

 
 

足場がないとお手入れ、お掃除の難しい箇所をしっかり確認。

6876e1cc9553483b8457e84c75b79651

  
  

そして万全の状態で足場解体へ。

 
 
 

足場解体後の 『北欧へ行きたい。。』 。[E:eye]

足場で隠れていた部分も見えてきてスッキリとした印象です[E:shine]

E865da1c63a9459f8ab9b565c2d4268a

 
 

深い青色の外壁と戸袋のチーク色とのコントラストが素敵です[E:flair]

E4104e86741647bc825e55f24820eace