あの職人さんは次いつ来るの?

こんにちは、陽華~HARUKA~ブログです。

こないだ会った気前のいい職人さんはまた来るのかな??さて、職人さんっていつからいつまでいるのでしょうか。

今回こんな議題にしてみたのは、陽華現場でのお施主様奥様との話がきっかけです。「早朝、設備屋さんがきてましたよ~」と奥様。「今朝は設備屋さんは呼んでないですね~」と現場監督の私。

はい、今回のはイレギュラーな話でしたが、そもそもお施主様はどんな職人さんがいつからいつまでいるのか来るのか知りません。今回は皆さんにそんな現場の流れが少しでも分かったら安心できるかなと思い書いてみました。

実際に施主という立場になって現場に行くと、気になることがあってもなかなか職人さんには話しかけにくいものです。そんなときは現場監督さんに声かけてみてくださいね!今の現場の状況や内容、今後のことなどは誰よりも把握しているのが現場監督さんなので、気になることがあれば教えてもらいましょう!

では早速、陽華~HARUKA~の現場で説明します。

まずは電気工事。電気屋さんは基礎着工前から最後の照明器具取り付けまで現場作業がたくさんあります。大工さんの次に多く来られているかもしれません。

次は給排水工事。設備屋さんですね。こちらも基礎着工前から入ってもらいますが、その後は水廻りの工事があるときのピンポイント作業になります。最後には配管の接続工事、パイプカットなどをしてもらいます。

こちらは防水工事。サッシ取付後や外壁施工後など、防水・漏水に関わる外部工事の後に作業していただきます。

建築現場では他にもたくさんの職人さんが関わっています。今回お伝えしたかったのは、「気になることがあれば、まずは現場監督さんに聞いてみる!」このことをお忘れなく。

 

kit

 

 

 

 

 

匠と遊び心

こんにちは!陽華~HARUKA~ブログです。

ウッドデザインの家では設計上このようなスペースを作ることがあります。ここは図面では小屋裏というところ。WDオーナー様のお宅でも、捨てるほどではないけどめったに使わない物をしまっておく収納スペースとして活用されています。ですがここ、屋根の一番下の部分になるため、天井高がかなり低いです。そのため居室ではなく小屋裏となる訳です。

写真にあるように、棟梁がすごい姿勢で天井板を貼ってくれています。身動きが自由に取れないばかりか、夏場は地獄の暑さに耐えねばならないため、この作業には高い技術と強靭な肉体が必要です。まさにその姿は「現場の匠(たくみ)」です。さらにこのあと、ここには床板を貼る作業も待っています。

建築業界では「大工泣かせ」という言葉をよく聞くのですが、まさにこれもそうかもしれません。ただ、その大工さんのおかげで、また一歩、素敵な家に近づけるのだと思います。良い家づくりに近道はないのです。

さてさて、棟梁が何やら見えないように作業をしていますね!いやいや、私が見えないように撮ったもので悪意はありません(笑)

ここはまだ皆さんにはお見せできない内緒のスペースなんです。少しでも良いものをあったら嬉しいものをと考え、その中からベストと思われる案を最終的にご提案させていただきました。

人生で一度しかない家づくり。

だからこそ、そこには「遊び心も大切」です。皆さんも皆さんの家づくりを思いっきり楽しんでくださいね(‘◇’)ゞ

 

kit

とうとう現れた超ド級。

さてさて、無事に建て方工事を終えた「陽華~HARUKA~」

今日も着々と工事は進んでいます。

来ました、ついに来ました、全開口サッシ。これ、想像以上に重いんです。巷の噂では百何十キロもあるのだとか・・・。大工さん、私、そこに社長まで加わりやっとのことで左右2枚を搬入完了。

搬入のたびに思うのです、、

「少しでいいかいどんげか軽くならんとね!!」

どうやら無理・・みたいです(_◇_)/..ズコッ

後日、大工さんとふたりでなんとか取り付け完了。この日、屋根の上では板金職人さん達がガルバニウム鋼板を黙々と施工中。

私が屋根をチェックしている間に、棟梁は颯爽と玄関ドアやサッシの取り付けへと作業を移します。仕事が早い!( `ー´)ノ

玄関や屋根が仕上がると建物のファサードが一気にしっくりします。

ファサードの部分ではあとは外壁のみとなりましたが、これから内部工事がまだまだ続いていきます。ではまた次回♪

 

P.S> M様の娘さんMちゃんは当社、㈱ウッドデザインへの就職が決まりました!!?誠にありがとうございます!!

kit

集結 in 野尻町

ここは、陽華~HARUKA~の現場。

少し前にはなりますが、建て方工事を行いました。

早朝に集結した大工さんは、慣れた手つきで建て方工事を始めていきます。

この日も暑い一日でしたが、そんなことはもろともせず、大工さんは一生懸命に金槌やカケヤを振ります。

そんな姿をお施主様のM様、県外からこの日のために集結されたご親族の皆さんもしっかりと見つめます。

お昼はそんな皆さんと一緒にお食事。豪華な昼食をご馳走いただき、またHちゃんに癒されて、午後の作業に突入です。

あっという間に骨組みを仕上げ、その後タイベックシート、ルーフィング、ブルーシートをまわして完成。

建て方工事から台風を挟んで数日後、今日は上棟式。

天候にも恵まれ、最高の舞台が整います。会場にはご家族、ご親戚、棟梁、WDスタッフ以外にも、ご近所の方々がぞくぞくと集結!

家の神様に工事の安全や竣工後の守護を祈願した後、2階バルコニーからM様とお子様のHくん、屋根の足場からはお父さんが声を合わせて、大きな弧を描くように餅を宙にまいていきます。ご近所の方もそれを必死にキャッチ!今日だけはのどかなこの地もまるで戦場です(笑)

餅まきの次は恒例の抽選会イベント。ご近所の皆さんにも喜んでいただけたようでなによりです。

皆さま、陽華~HARUKA~を引き続き宜しくお願い致します。

 

kit

変化していく風景

陽華~haruka~。

梅雨の影響で延びていましたが、とうとう土台敷きに着手 。

ベテラン大工さんの手によって次々と構造材(土台)が加工され、1つずつ丁寧に金物が取りつけられていきます。

これから長い間、建物を支えるという大役を務める「土台」を基礎の上にしっかりと固定します。

床下をしっかりと清掃し、分厚い断熱材を敷き詰めます。その上には大工さんが事前に加工しておいた構造用合板を敷き、こちらもしっかり固定。

雨対策で養生まで完了。

見てください、お父さんの笑顔!素敵すぎます(*’▽’)

それから数日後、天候もようやく回復!さっそく外部の足場を組んでいきます。

あっという間に完成。さすがです。

「この風景!あと少ししか見られませんから、しっかりと目に焼きつけてくださいね」

そうなんです、この数日後には建て方工事のため、たった1日で全くといっていいほど風景が変わってしまうんです。

「陽華~haruka~」はもうすぐその建て方工事に突入です!

 

kit