fuku☆fukuさんちのお引き渡し

本日は、fuku☆fukuさんち感動のお引き渡しでした。

Dsc_5685_2

   

朝10時からTEZUKAMANのきっちりとした(?…途中笑いも交え…)
お手入れや取り扱い方法等の説明がスタートしました(*^-^)
プロファイルウィンドウのロックの方法もしっかりと。。
今日も、この大きな窓からキモチのいい風が入ってましたね〜♪

Setumei

fuku☆fukuさんお気に入りのドイツ Miele社の食洗機☆
今日は、メーカー直々に説明して頂いたので、私も興味津々でした[E:eye] 
国産の食洗機とはデザイン性や洗浄力も違い、なかなかの優れものみたいです。

Mire 

説明の間、fuku☆fukuさんとの出会いから今日に至るまでの日々を走馬灯のように思いだして…
歳のせいでしょうかウルっときてしまいました(ノ_-。) 
子供を嫁がせる時ってこんなキモチなんでしょうね〜。。

Kyou

きょうちゃんも、もうここが自分のお家だと分かっているみたい♪
いつにも増してリラックスしている様子☆嬉しい限りです。

Sekihan

最後にお母様から、手作りのお赤飯を頂きました。
気持ちのこもったお赤飯…とっても美味しかったです!

お家は完成しましたが、まだまだこれからfuku☆fukuさんご家族の手で
沢山の愛情を込めながら、かわいがって成長させてあげてください。

これからも何かとお会いできそうな気がして、
最後はみんな「またね〜♪」と手を振って笑顔で締めくくったのでした♪

fuku☆fukuさん。これからもお付き合いの程、よろしくお願い致します(゚m゚*)

最近涙腺が弱いWD☆Kより。

キラキラと…

朝顔をあわせると、挨拶がてらに「今日も暑いね〜」と口に出すようになりました。
昼間、現場の気温はかなりのもの。職人さんそれぞれ暑さ対策を始めているようです。
1343304188930.jpg
写真で紹介するのは大工さん。
まるでブラジルのコーヒー農園で働く人みたいです。
1343304205054.jpg
自分では「寅さん」を意識していると言っていましたが…。
暑さ対策ではないのですが、土間の仕上げが洗い出しとなっている為、今回も大変な作業に挑んでいる職人さん達がおります。
1343304212270.jpg
しかし、昼間一番暑い時間に水が使えるのが嬉しいらしく、ニコニコしながら作業を進めておりました。
1343304218813.jpg
気が付けば夕暮れ。
1343304226303.jpg
夕陽が、洗い出した水に反射してキラキラと美しく映っておりました。
現場は引続き植栽・造園工事に移ります。

完了検査終了

本日、無事に完了検査が終了いたしました。
1343079923611.jpg
もちろん、何も問題なく合格です。
1343079925268.jpg
オリジナルキッチンや造作家具に話が及びますと話が長くなりまして…。
結局、検査に1時間以上かかってしまいました。
1343079926383.jpg
工程からいえば、これからはディテールを整えていく作業になります。
1343079927463.jpg
妥協する事なく突き詰めて行きます。

神降臨

「神様は一生懸命何かをやる人に味方するとよ。」
私が小さい頃に母親が言っていました。それを聞いて、その頃は何も感じなかったのですが、今頃になり実感しています。
1342652229223.jpg
大工さんは毎日「木」と向き合います。
そして一生懸命ものづくりを行います。
当然、神様が振り向かない訳がなく、何かしら力を貸してくれている気がします。
1342652241457.jpg
「神業」のような造作。
図面を見て、時間がかかるかも…と心配していましたが、ちゃんと期日通り納めてくれました。
1342652245005.jpg
作業途中、「これは芸術やね」と感動させられたり…。
fuku☆fukuさんちは現在外構工事中。
天気とにらめっこしながら頑張っています。

最初の色

建物が着工して最初に色のつく部分といえば「屋根」だと思います。
「fuku☆fukuさんち」にもようやく屋根に色が入りました。

Photo

多くの色や材質を検討して、ようやく「BEST MATCH」を探すことが出来ました!

今回選んだ落ち着いた茶系の色・・・。
実は、周りの景観にちゃんと配慮をしたfuku☆fuku様ご夫婦のご要望がありました。
fuku☆fuku様達らしい色使いだな~と思っています。

Photo_3

作業は、一枚一枚職人さんが丁寧に織り込んでいきます。

Photo_4
その様子は、屋根というよりも、布を織り込んで着物を仕立てるような感じを受けます。

Photo_5

次回の「色」は壁の色となるのですが、ここでは秘密にしておきます。
またその時のお楽しみということで・・・。