お引渡しの日

 

お引渡しを迎える日がきた Field Breath
 
 
つい先日、完成したと思ったらお引渡し。。。
 
まだ建物との別れの、心の準備も整わないまま[E:sweat02]
 
1
 
 
ひと通りの取扱説明等を終え
 
2
 
 
メインキーをAさまに渡し 開閉
 
3
 
今日から、A様邸になりましたヽ(´▽`)/
 
 
4
 
お礼を頂く 現場担当の椎BA。。
 
 
 
実は、お引渡しの前日の日曜日
 
ちょっと気になり 私は建物の最終チェックに現場に来ました
 
すると 現場担当の椎BAの社用車があり
 
なにをしているのか?と思ったら
 
5
 
 
6
 
室内用に洗濯物干しバーの取付でした。。
 
 WDの特許です(笑)
 
 
住み始めて最初に必要なモノの一つですね
 
皆さんも、ぜひ取り付けて下さい
 
WDの家は よく乾きますよ~ ヽ(´▽`)/
 
 
最後にA様邸 夜の玄関雰囲気 
 
Aa
 
 
以上、Aさま邸 お引渡しの様子でした。。 END
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お引渡し、その前に。。

 

ウッドデザインでは、お引渡しの前に
 
全棟、スタッフで磨き込み&チェックを行ってます
 
A1
 
A2
 
天井 壁 床の順で手分けして磨き込みを。。
 
 
木の家は磨くことでさらに美しくなる そう信じて
 
お施主さまへの感謝の気持ちを込めて ひたすら磨く[E:shine]
 
A3
 
A4
 
A5
 
ここでは、皆で磨くことが・・・大事なのです。
 
 
ひと通り磨きとチェックを終え
 
各自の報告をします。 
 
B3
 
 
そして、第二弾!
 
住まいの学び会です
 
B2
 
現場担当の解説により
 
 
1つ1つの納まり、難しかった点
 
アイデア等 解説していきます。
 
 
B6
 
B7
 
1棟の家から学ぶ事をスタッフ全員が共有することで、
 
また、新たなアイデアに繋がっているのです。
 
 
B8
 
棟数を誇る事より、1棟の完成度を誇りに思いたい。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アンカー

 
WDの住まいづくり。。

建物は完成し外構工事も終えて、

タスキはアンカーに渡されました。。[E:run]

 

いよいよ建物が、住まいに変わる瞬間です。。
 
01
 
 
敷地の整地からはじまり
 
07
 
余白の部分には、雑草対策をして、
 
砂利を敷き込みます。。
 
08
 
 
この地、この建物の為に選ばれた木々が到着
 
14
 
大きい木はクレーンで吊り 配置していきます。
 
1本1本に役割と目的があり 選ばれてきた木々
 
06
 
順調に植込みしていきながら。。。
 
 
しかし、
 
一カ所だけ 難所があります。 
 
04
 
2階のバルコニーから見える 
 
 お隣さんの小さな窓  
 
実はこの窓、プランニング段階でも気になっていた窓です
 
 
お隣さんとの境にスペースは無く、クレーンは使えず
 
大きな木も入らない。。
 
 
かと言って諦めるのも悔しいのです
 
02_2
 
探して来ました。  そして、人力で運び込みます
 
 
高さ7m超 枝は先端にしか無い 細長~い樹
 
03
 
 
そして、植込みしてみました。
 
 
05
 
この違い 感じて頂けたら 苦労が報われます(;д;)
 
 
引き続き 植込みはつづきます
 
09
 
おおかた、全体構成をつくりあげ 
 
仕上げ段階に
 
11
 
WDの仕上げには、土の流失防止と美しさを追求して
 
保護用にマットを使います
 
12
 
見た目、土?と思われますが 水をかけると表面が締まってきます
 
13
 
見て頂きますと、わかるかと思います 
 
黒くピシィっと締ってます。
 
 
さて、完成は?
 
 
お見せしたかったのですが、
 
難航した分、完成は暗闇となりました(ρ_;)
 
15
 
この続きは、完成写真集をご覧くださいヽ(´▽`)/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

工事終盤戦へ。

 
 

完成お引渡しへ向け着々と工事が進む 『Field Breath』 。

 

上棟から約2カ月半。

 

待ちに待った足場の解体を行いました!

 
 

足場解体前には、屋根・外壁の清掃を行います[E:eye]

Unnamed_11

 
 

手の行き届かなく箇所をしっかりと洗い流します。

Unnamed_13

 
 

そして万全の状態で足場解体へ。

Unnamed_1

 
 

足場解体後の『Field Breath』 [E:eye]

足場で隠れていた部分も見えてきてスッキリとした印象です。

Unnamed_3_2

 
 

足場解体後は宮崎市役所のよる完了検査も行われました。

Unnamed_6

 
 

図面片手に事細かに検査されていきます[E:eye]

 

Unnamed_5

 
 
 
検査中は市役所職員の方もWDの造りに興味津々な様子で、
 
手造り家具や仕上りに関して様々なご質問をいただきましたc(>ω<)ゞ
 
Unnamed_7_2
  
  
   
検査は指摘箇所も無く合格です!!
  
  
   
  
今後はいよいよ外構工事へと移っていきます。
 
 
これから完成までの劇的な変化を是非一緒に楽しんでみてください[E:shine]
 

色付く☆

 

内部、外部共に着々と工事が進む 『 Field Breath 』 。

 

外廻りではガルバリウム鋼板の外壁貼りが行われました[E:sun]

 
 

Unnamed  

 
 

外壁は建物の印象を大きく左右する部分で、
 

仕上げ材や色によって大きく変化します[E:eye]

  
また、サッシ色や塗装色などとの絡みもあり、
  
 
トータルなバランスも必要です!
 

Unnamed_2

 
 
 
Field Breath 』 の外壁は優しいコーヒー色です。
 
お施主様のA様が選定されました[E:shine]
 

Unnamed_9

 
 
 
ベージュ系のサッシ色とも相性バッチリです[E:flair]
  
周囲にも溶け込み素晴らしい仕上りとなりました[E:shine][E:eye]
 

Unnamed_18
 
 
 
今後 外部の塗装も控えており、さらに見え方や印象が変わってきます!
 
 
完成お披露目会の際はぜひ確認してみてください。