お引き渡し。。。天晴れ!

とうとうこの日がやってまいりました。
 
清々しいお天気の中、お引き渡しの儀式です。
 
これまでのいろんな思い出が駆け巡りました。
 
15
 
安全祈願、地鎮祭。。。
 
Dsc_3801
 
基礎着工に向けて、重要な「遣り方」
 
Aimg_0280
 
みんなで息を合わせた建て方。。。。
 
Drop1
 
外部工事も着々と。。。。
 
Drop2
しっかり完了検査をクリアして。。。。
 
Drop5
 
Drop4
 
お引き渡し前の総チェック。。。。
 
Drop3
 
そしてようやくお引き渡しを迎えることができました。
 
Drop6
 
Drop8
 
Drop11
 
Drop9
 
Drop12
 
この日はほんとに天晴れ快晴。
 
いろんなことがありましたが、最後に素晴らしいお天気と
U様のスマイルで締めくくれて最高のお引き渡しとなりました。
 
感謝の気持ちでいっぱいです。。。。
 
いよいよ新生活のスタートです。
 
この木の家に思い出をたくさん作ってくださいね。
 
U様ありがとうございました。
 
これからもよろしくお願い致します。(*^-^)
 
 
 
 
 
 
 

空飛ぶサッシ

 
 
ここdropの屋根は長さが約16m[E:sign03]
 
それを継ぎ目なしで施工しています。
 
この長さの屋根材を運搬して来ることはできないので
 
機械を現場に持ち込んで一枚一枚を成形することになります。
 
屋根を葺く時も職人さん4人がかりで
 
息を合わせて『せ〜の』
 
 
452c5fa0b6b1432a9dea377bb23ab617
 
残念ながら現場加工に立ち会うことができず、写真がありません(;д;)
 
木製サッシと玄関ドアも取付完了です。
 
 
Dsc_3080
 
 
外部サッシのトリは特注の木製サッシ幅2m高さ2m
 
LOW-E複層ガラス入り
 
いつもは人海戦術で4人がかりでなんとか移動して取付
 
までできるのですが、今回だけはそれができそうに
 
なかったので、クレーンの登場となりました。
 
 
 
Dsc_3121
 
 
鳥になったサッシ?
 
 
サッシ取付が終わり、これから外部仕上げへと
 
進んでいきます。
 
 
 
 
 

上棟、完了!

思い起こせば、2月に入り、
異常な寒さが続いた「drop」の現場。。。

Adsc_3832

その試練にも耐え、無事に基礎工事を
終わらせることができました。
 
Ab7de99b9773842f3bf68978b26c88d15_2
 
美しく力強い、白い基礎船の登場です。
そして後日、その白船の上に土台を敷き、
構造という命が吹き込まれました。
 
Aimg_0275
 
現場は気持ちよい天気のなか、緊張感が漂います。
 
Aimg_0274
 
赤ヘル職人さんたちが息を合わせ、一つ一つ組んでいきます。
 
Aimg_0280
 
一致団結し、無駄のない動きは、さすがプロ集団です。
あっという間に"形"として現れました。
 
Aimg_0291
 
ブルーシートで覆い、上棟完了。
 
この後も、内部外部工事が進んでいきます。
 
はやく完成形が見たい今日この頃ですね。

始まり。。

  

冬の寒さが身にしみるなか、
 
先日、基礎工事の着工に向けて「遣り方」を行いました。
 
 
Dsc_3801
 
 
「遣り方」は建物の実際の位置、基準の高さ、
 
建物の通り芯などを出していく作業です。
 
言わば基礎着工に向けての最初の墨出し作業なのです。
 
 
Dsc_3802
 
 
基準の高さと通り芯は精密機械を用います。
 
レーザーレベルで高さを測りトランシットで通り芯を見ていきます。
 
 
Dsc_3805
 
Dsc_3806
 
 
段杭と貫板で組んだ囲いに墨をはじいて「遣り方」の完成です。
 
ちなみにこの囲いの中に建物が建ちます。
 
 
Dsc_3815
 
 
「遣り方」ができるといよいよ基礎工事の着工になります。
 
これから約四ヶ月におよぶ工事の始まりなのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

地鎮祭。。

 

宮崎市恒久にて、地鎮祭を執り行いました。
 
11
 
敷地のL型擁壁工事と盛土工事の様子です。
 
 
道路と敷地の高低差を解消するために
 
下記のような工事を行いました。
 
12
 
13
 
予定通り、盛土工事も完了して一安心。。
 
 
12月吉日、地鎮祭を執り行いました。
 
16
 
[E:sun]晴天にも恵まれて気持ちのいい地鎮祭
 
15
 
心配していた地盤調査も問題なくクリアー
 
5月の完成に向けていよいよスタンバイです。
 
 - toku –