designart

暦では秋ですが、まだまだ暑い中の現場チェックです(汗💦)

建物の内部が出来上がりつつある『Design Art』の

現場からです。

本日は、現場チェックを兼ねて掃除も行います。

棟梁は、秋だというのに汗をかきながら、

Tシャツ1枚で黙々と作業を進めています。

 

 

この日は電気設備屋さんも作業をされています。

 

 

職人さんの作業の邪魔にならないように、

WOOD design のスタッフは、現場のチェックを

進めます。

 

 

柱や梁の状態を確認しながら、梁を磨いていきます。

 

 

床に溜まった木くずも掃除します。

 

 

2階も片付けます。

 

 

材料の整理も行います。

 

 

掃除を終えた小屋裏収納は、ほぼ完成状態です。

現場に訪れるたびに、

色々なところが出来上がっているので、

完成が楽しみなところです。

この日は暑かったので、

あまり動かない私は(ナマケモノのような生態)、

ヘロヘロになって事務所へ戻りました。

 

 

 

 

 

魅了するもの、されるもの。。

「カッカッカッカ」とけたたましく重機の可動音が鳴り響く『 deisgnart 』の現場。

何事か⁉、とW棟梁も気になりつつ外を眺めていますが先行して外構工事に取りかかった一幕です。『 designart 』の現場の地盤は岩盤になります。基礎工事時にとりきれなかった岩盤を重機をもちいて砕きブロック工事に備えます。

そんななか、W棟梁の工程も進み階段の造作にかかっています。階段にもいろいろ種類がありますが『 designart 』の現場はストリップ階段の直階段になります。ストリップ階段は踏み板と側板の部材からできており、その部材の加工もW棟梁が施しています。

一枚の板から踏み板を造っています。踏み板には2本の溝がありこれがノンスリップの加工になります。

側板には等間隔に掘り込みを造ることで、階段を組立てた時に踏み板が側板に掛かるように加工しいます。加工された部材だけを見ていても木が持っている艶や、その美しさがおりなす空間に引き込まれてしまいそうです。

そして部材を組立て、ようやく階段の取付けです。取付ける際にも梁にひと加工を施しています。それは見学会等で実際に目で見て頂けるとまたひとつ感動ものかもしれません。
ストリップ階段も仕上がり天井・床の仕上げにはいっていく現場です。

One by one

断熱施工を終え内部の仕上げにはいった『 designart 』の現場。

W棟梁は内壁のモイス貼りの施工にかかりました。内壁のモイスは一枚のボード材になります。そのモイスを一枚一枚、真壁の柱・桁(梁)の間に合わせて切り揃えて納めていきます。

切り揃えただけではなかなか柱・桁(梁)面に綺麗に突付けできません。何度も仮建てしてはペーパーや鉋等で柱・桁(梁)面を擦り合わせ突付けを確認しています。

単純作業に思われるなかにもW棟梁の技量や家造りにたいする信念を垣間見ることが出来るところです。

また浴室のほうではユニットバスの組立てです。ひとつ、またひとつと仕上がってきています。

 

 

すばらしき気密断熱施工

まだまだ暑さが残る中、裏山の栗も実り始めた『 designart 』の現場です。
栗、美味しいですよね〜。

さて現場では気密断熱のセルロース施工がちょうど終わりました。
このセルロースは非常に優れもので、ホウ酸薬剤が均一に配合された紙製品をふんだんに使用し、断熱はもちろんのこと、細かく隅々まで吹き付けているので気密にも大変効果があります。
以前、「なごみ」の現場でも紹介してますね。
http://wooddesign.co.jp/worksblog/staff/hiza/8192/

しかもこの断熱材セルロースファイバーは防火性能が高く「燃えにくい」「溶けない」「全体が高温にならない」「有毒ガスが発生しない」という防火に必要な性能が揃っているというから驚きです。しかもホウ酸を含んでいるため、防虫にも一役買っています。すごい!

断熱材セルロース、しっかりときっちりと詰まっております。

隙間という隙間にきっちり入り込み、気密性を高めています。

吹き付けて施工していくので、斜めであろうと関係ありません。

見落としがちな、電気配線部分もしっかりと。

屋根断熱でも同じようにセルロースを施工します。

そして残暑の中、空調ベストとのダブル扇風機で涼しげに仕事するW大工さん。

これからモイス を貼って見えなくなってしまうのですが、壁の内部で絶大な仕事をしてくれます。それにしても断熱材セルロース、すごいですね〜。

現場近くの川は、涼しく穏やかに流れておりました。

さあ『 designart 』の現場も次の工程へと流れていきますよ〜。

ike502

 

 

 

 

 

 

 

台風一過。。。

東京オリンピックが閉会しましたね。アスリートの皆さんには多くの勇気と感動をいただきました〜。
そして今度はパラリンピック。まだハンカチは手放せないですね。

そんな中こちら九州南部では台風9号が上陸しておりました。

甚大な被害はなかったものの多少の雨風があった台風も一夜明け、雲ひとつない晴天にめぐまれました。

『 designart 』の現場ではすでにW大工さん、電気工事Nさんが何事もなかったかのように作業を黙々と進めておりました。さすがです!

それにしても黄砂もよどんだ空気も全部持っていったような澄みきった天気。しっかりと養生していたおかげで完璧な姿の『 designart 』です。

W大工さんによる内部の下地工事、着々と進んでおります。

この日は前日と打って変わって、急に猛暑に見舞われました。

匠の技に光る玉の汗も輝きを増しております。

気づくとお昼時間。電気工事のNさん、「昼飯にしようや」と現場ではランチタイムが始まりました。

匠二人っきりのランチタイムを邪魔するわけにはいきません。

そろそろこの辺でおいとまします(^^)。。。

ike502