お引渡しの日

com’s house お引渡しの様子
 
hayatoくん、miuちゃん さっそくウッドデッキでお庭の鑑賞。。
 
Img_8319
 
お引渡しの時は、やっと終わった。。 という安堵感と同時に、
 
明日もここに来て何か手を入れたい、どこか磨きたい。。
 
 
昨年12月下旬に遣り方で始まり 今日、5月31日までの5カ月間を
 
振り返る。。。  
 
 
そんな中
 
住まいの機器、取り扱いの注意点など約2時間程度ご説明
 
B1
 
B
 
家族みんなのキッチンであるアイランド型は、ついつい手伝いたくなる
 
自然とみんなが集まってくる コミュニケーションキッチン。 
 
Img_9034
 
ひと通り 内部、外部の取り扱いご説明を終え
 
WD恒例の表彰式。。。ではなくて、WDからKさまへ記念品の贈呈です。 
 
これもウッドデザインらしい、木の○○○です。
 
家も○○○も大事に使い込んで頂けたらウレシイです
 
1
 
 
Img_0309
 
お引渡しと言えば、別の意味では
 
『ここで施工側の責任のすべてが終わり。。。』
 
そんな意味合いも含んでるような感じですが、
 
 
私たちのWDの考え方は
 
今日からK様へお引き渡しをして、日々の暮らしを楽しんで頂きながら、
 
ひとつまたひとつと家族の思いでも増やしてほしい。。
 
WDは今日から、 com’s house の管理体制へ意識を変える 
 
そんな気持ちでおります。 
 
A9
 
今後とも長い 末永いおつき合いよろしくお願いいたします。
 
 
■なにか気になるところなど出てきたら、お気軽にご連絡下さい。
 
 
 
 
 
 

小さな積み重ねが。。

高鍋町に 3棟目となるWDの家が誕生しました。

WDの家が誕生する度に必ず行う事があります。

それは、WDメンバー集まっての最後の磨き[E:shine] 

建築中も何度も磨いたけれど、、、土曜日のお引き渡しの前に

今日は、みんなの手で最後の磨きとチェックを行いました。

Photo

業者に任せれば簡単なのに、自分達が手がけた家は最後の最後まで

目を光らせ手厚く。。。あえて遠回りをする。

これが、WDのこだわりなのです[E:good]

A
  8

柱や梁。浮造りの杉の床を磨きます。

6 D

造作家具やモイスの壁のチェックと拭きあげ。

4
5

L字に開いた木製のオーダーサッシの開閉確認。

コンセントの電圧チェック。

7_2
1

外部ではデッキや外壁のキズのチェックを含めての磨きです。

9   全ての水栓の排水の流れをチェック。

みんな黙々と集中しながらの二時間程。。。

現場監督は、床下に潜り腹這いになりながら隅々まで

木くずやチリひとつ無く掃除機で吸います。悔いのないようにと。。。

66
1

最後の磨きも終え、恒例の検証、検討会へと。。。

B

あらゆる角度からの検討会は、それぞれの目線や感性で意見を言いあう時間。

時折、お客様から気づかされた事もこの時間にみんなで共有しあう

貴重な時間なのです。

23

一階から二階へと、時間はあっと言う間に流れて。。

細部の収まりの細かい箇所までも論議は続きます。。。

そんな小さな箇所までもこだわり続けるWDの家。

言わなければわからないような箇所をこだわっていくからこそ

その小さな積み重ねが、完成度の高い家が生まれていくんだろうな~

33

気がつけば、もうこんな時間。

夢中になって時間すら忘れてしまったWDメンバーだったのでした(*^_^*)

55

com’s house完成です♪

明日から、Kさまのご厚意にて お披露目見学会をさせて頂きます♪
 

G

 

今日は、朝から見学会に備えて準備。
 
あっという間の一日でした[E:sweat01]  設営も一通り一段落し
 
夕方 K様ご夫婦とmiuちゃんが遊びに来られました♪
 
ここ2、3日で様変わりした様子に驚きと感動のK様ご夫婦(o^-^o)
 
明日の見学会の前にチラッとお見せしましょう~(^^)v
 
E
 
ダイニングテーブルから見えるL字に開いた大きな窓。。
 
窓の向こうには、青々と光る植栽が。。。
 
D
 
miuちゃんとパパは、しばらくお庭を眺めて佇んで。。。
 
今年の夏は、お友達や同僚さんとバーべキューで、デッキは大活躍しそうです[E:good]
 
C
 
大人の空間とも言える落ち着いた和室。。
 
和庭が、近く感じる程良い距離感。。
 
ちょっとした小道もあって、ついつい歩きたくなる小道。。。
 
A
 
いつまでたっても、ここに居たくなる。。。
 
テレビも観なくてもいい。。。
 
ただ、ここにずっと居たい。。。そんな居心地のいい空間。
 
明日から始まるお披露目見学会[E:house]
 
どうぞ、ご家族皆さんでこの居心地のいい空間で寛ぎにきて下さい♪
 
スタッフ一同お待ちしてまーすヽ(´▽`)/
 
 
 

『ただいま』~『お帰り』。。

com’s house の最終工程 外構 植栽 編
 
 
この段階で建物は完成し、お引渡しをする建設会社も少なくはない中
 
まだまだ、こだわり続ける WDの住まいづくり
 
6
 
これはアプローチの作製中です
 
駐車スペースから玄関まで無理のない 自然な感じで導く線を模索中
 
 
 
3
 
この赤い線に枠をつくり コンクリートを流し込む
 
このアプローチ作製は、現場の最終工程ですが、実はもっともっと
 
最初のプラン段階から描かれています
 
道路から玄関までの高低差や、その曲線美 
 
シンボルツリーの位置や樹形 これらの情報も含め
 
建物の基礎から造られています。
 
 
 
そして再度、トータル的なイメージが鮮明に見えてきたら 
 
いよいよ植栽探し。。。
 
生産者の山や畑を歩きながらイメージに合うような木々を探し求める
 
4
 
そして、目に留まったのが ヤマボウシ(サトミ)
 
秋には紅葉し落葉する  春には新緑 そして淡いピンクの花
 
7
 
これが玄関を出て、アプローチで見れるといいな~
 
一日のスタートが気持ちいい。。。  そんな独り言をいいながら
 
 
シンボルツリー以外にもいろいろと17本 選木して
 
後日、現場へ搬入~
 
 
2
 
これは室内からみた様子
 
ウッドデッキと小さな庭をつくり、植栽を配置する
 
雰囲気や居心地がメッチャ良くなり お庭で寛ぎたくなる・・・
 
  (※手すりもアクセントに重要)
 
ここにはカツラの木をチョイス!!
 
 
葉っぱがハート型で可愛い。  ついつい触ってみたくなる。
 
9
 
 
 
アプローチの植え込み風景は
 
10
 
ここでは絶妙な植え込み作業がなされています。
 
11
 
インターホン枕木から玄関へアプローチを歩くと 
 
ヤマボウシの枝(白い丸)が、少し邪魔になるか?ならないか? 
 
その絶妙加減で植込みしてある。  (これもWDのこだわり)
 
そこに夜の明りを灯すと、なんとも言えない雰囲気が・・・
 
 
 
たった数歩のアプローチが、一日のストレスを癒し 
 
気持ち良く  『ただいま~』 そして 『お帰り~』 。。。
 
 
そんな情愛に満ちた家づくり 最終工程編 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

エクステリア~

現在、『com’s house』は、工事終盤となっており、建物の外回りを工事しております[E:sun]
外構工事時は、沢山の協力業者さんが現場に集まるので、いつも賑やかです(o^-^o)外構工事の一番大変な所と言えば、天気に左右されやすく、遅延してしまい、工期が不安定なことです。工事終盤の晴れた日には、現場はある意味男祭りの様な雰囲気があります!私はこの雰囲気が好きです。協力業者の皆さん、いつも無理を言ってすいません・・・(≧m≦)

↓こちらは、玄関ポーチの天井を塗装している様子。と洗い出し前の型枠を設置している様子。きちっと養生し、塗料が外壁、サッシに付着しないようにしています
Unnamed

↓こちらは、和室外のデッキを塗装している様子
Unnamed_2

↓こちらは、玄関ポーチの洗い出しを行っている様子。モルタルにビリ砂利(細かい2分程の砂利)を混ぜ、塗り込み、表面が乾くか乾かないか微妙なところで表面のモルタルのみ取り除き、ビリ砂利を浮かび上がらせる仕上げです。ベテランの左官職人しかできない技です!!
Unnamed_3

↓洗い出し仕上げの拡大写真。K様の玄関ポーチは建物雰囲気から、明るめの砂利をご提案させて頂きました。この砂利は金剛砂利というもので、黄色、黒、白・・・と複数の砂利が混ざっております。凄く素敵ですね!
Unnamed_7

↓こちらは、カーポートを設置した様子。家の雰囲気と合ったブラックのカーポートです。土間コンクリート部分には、ワイヤメッシュというコンクリートの補強材が入っています。ワイヤメッシュは、コンクリート土間のひび割れを防止し、強固な仕上げにします
Unnamed_1_2
Unnamed_5

↓こちらは、土間コンクリート打設後の状況。
Unnamed_6

今後がいよいよ、完成お披露目に向け、造園工事を行う予定となっております。緑が入り、今よりもさらに建物を際立たせる雰囲気に仕上がってきます[E:shine]ワクワクします!K様いつも差し入れ有難うございます!楽しみにしててくださいね≡