お引渡し。。

 
このシーズンのお引渡しは、卒業式とかぶって
 
涙もろくなるのでしょうか。。[E:sweat02]
 
Photo
 
お客様の出会いから、完成お引渡しまでの期間は
 
さまざまですが、全棟おなじ思いのお引渡しを迎えられるのも 
 
お客様とWDの思いが同じだからでしょう。。
 
Photo_3
 
機器の取扱説明をする 工事担当のHさん
 
そして、施主のNさま  
 
このシーンを見ていると、いつも
 
新たな暮らしのスタートだな~ 
 
この木の家に家族の思い出いっぱいいっぱい詰め込んでほしい
 
いつも そう 願うのです。
 
Photo_4
 
そして、最後には 沢山の[E:present]プレゼントを頂き、
 
身も心も 両手も いっぱいいっぱいです。[E:sweat02]
 
7
 
6
 
 
 
最後に、ご主人 奥さまからお手紙を頂きました。
 
家に帰って
 
ゆっくり開いて、読ませて頂きながら。。。[E:sweat02]
 
8
 
言葉では言い表せない感情 何度も読み直しては。。[E:sweat02]
 
 
本当は、私たちWDがサプライズしないといけないのに
 
逆に、私の心に大きなサプライズ されちゃいました。
 
Nさま ありがとうございました。。   – toku –
 
 
『私たちの仕事は、家を建てて引き渡すのが仕事ではなく
 
そこの住む人が幸せに暮らし続けられるよう、見守り続けるのが仕事である』
 
 
 
 
 
 
 
 

お引渡しの前日。。。

 

ウッドデザインではお引渡しの前にスタッフ全員が集まって

 
ある儀式が行われます。。

 
O8

 
それは、完成した住まいの磨き込みです。。

 
O1
O3
 
ここでは、男性も女性も関係なく
 
無心で目の前の完成したばかりの木の家を磨く。
 
この磨くという事で、確実に心が磨かれているのは確かです
 
1つ1つと磨き続けてお引渡しを迎えるのです。
 
O5
 
O6
 
スタッフ全員が行う事に深い意味がある!
 
業者任せにしない、ウッドデザインのスピリットです。
 
床下も、掃除機を片手にもぐり込み
 
隅から隅まで。。。 [E:shine][E:shine]ピカピカです。
 
O7
 
ひと通りチェックも終えて、建物を出る頃には
 
辺りは真っ暗です。
 
O2
 
この、やり切った感がたまらない。。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最終工程 

 

リレーで言えば、アンカーでしょうか。。。
 
全ての思いを表現する 外部の仕上げ工事
 
ウッドデザインでは、外構工事や植栽計画まで自社で行っています。
 
建物の完成後 板壁やウッドデッキ 駐車スペースを造り上げ
 
最後に整地、植栽計画
 
 ■ 施工前 ⇓
3_2
 ■ 施工後 ⇓
1_2
 
シンボルツリーには、カツラの木
 
シマトネリコ・トキワマンサク・モミジ・オリーブ・ロドレイア・ハクサンボク
 
常緑ヤマボウシ・イエロー南天・ 他。。
 
 
始めに敷地全体の整地を行い
 
2_2
 
植栽を目的別に配置し、植込みして行きます
 
全体を整えながら、砂利や芝を施工していく様子です。
 
5_2
 
 
植栽の根元には客土で盛りあげ 杉の皮でしめていきます
 
雑草対策に専用のシートを張り 
 
独特な表情を持つ 川砂利を敷き込む
 
このひと手間が、大切だと・・
 
4_2
 
この時に最も意識しているのは、
 
その植栽の役割と、今と将来を考える・・
 
やり過ぎてはいけない。。。やらな過ぎてもいけない
 
その加減で 納めることが大事です。
 
 
家族の成長と、四季の変化を楽しむ暮らし。。
 
8
 
    春には、アプローチが新緑に包まれる
 
 
 
 
 

ラストスパート。

   

外構工事にはいりラストスパートがかかった『青い鳥 cafe*』の現場。
 
 
Securedownload
 
 
カーポート、アプローチ部分の鋤取り作業を終え、
 
コンクリート打設に向け砕石を敷き詰め下地を整えていきます。
 
 
Securedownload1
 
 
一方では、大工さんによるデッキと板塀の取付けです。
 
応援の大工さんも駆けつけての総力戦です!!
 
 
Securedownload_2
 
 
そしていよいよカーポート、アプローチ部分の土間の仕上げになります。
 
 
Securedownload2
    
 
 
丁寧に鏝でなでていき綺麗に仕上げていきます。
 
ここでも三人体制の総力戦です!!
 
 
Securedownload3
 
 
最後に玄関ポーチの仕上げです。
 
今回はテラコッタタイルで仕上げてます。
 
このお家に合ったいい雰囲気の仕上りになりました。
 
外構工事も整い完成間近になったここ『青い鳥 cafe*』の現場なのです。   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大詰め。

   

外部のほうでは外壁の仕上げ工事にはいったここ『青い鳥 cafe*』の現場。
 
 
Securedownload3
 
 
外壁はガルバリウム鋼板の波板仕上げになっています。
 
波板は縦に長い一枚ものを張りあわせていくため長いところでは、
 
約6mほどの波板を三人一組で丁寧に張り仕上げていきます。
 
 
Securedownload2
 
 
三人の息もピッタリ見ていて圧巻です( ^ω^)おっおっおっ
 
波板の縦のラインと等間隔に綺麗にならんだ取付けビスのラインが、
 
真っすぐ通っていて綺麗に仕上がっています。
 
 
Securedownload
 
 
また、内部のほうでは大詰めをむかえています。
 
大工さんは吹抜け手摺の取付け、
 
家具の職人さんはキッチン、洗面の家具の取付けです。
 
 
Securedownload4
 
 
そんななか先日、市役所による完了検査を終えております。
 
完成にむけてあとは外構工事をのこすのみになった、
 
ここ『青い鳥 cafe*』の現場なのです。