「ANPLAGGD」のお引渡

P1240012

本日は、ウッディ君の製作者である「ANPLAGGD」 Y様邸のお引渡です。

P8310001

ずらりと並んだ、取扱説明書・保証書・お手入れ方法などの説明書

Img_4905

やはり一番気になる、キッチンまわり 

食洗器のミーレは奥様の一番のお気に入り ☆

 
Img_4908

窓、全開口サッシの説明をしている様子。
 

Img_4917

お引渡し中  niinaちゃんとmamaはとってもテンション[E:up][E:up][E:up]です。

Img_4920 

火災報知器と24時間換気の説明をしているところです。

何回も報知器を作動させて、再確認を。

Img_4921 

保証書の説明など書類等、確認していきます。

P8310002 

最後に玄関キーの確認です。

不思議な事に、本キーを差し込むと今まで使っていた工事用のキーが

使えなくなります。。。。  不思議ですね[E:eye]

Img_4928

WDオリジナルの記念品です、末永く時を刻んでいただきます様に。

 

Img_4929 

Y様からは、WDスタッフと、M棟梁にお礼の品を頂きました、有難う御座いました。

Img_4925_2

Y様 これからも宜しくお願い致します。

”エッ” WD君に彼女が出来るんですか・・? [E:virgo]楽しみです[E:heart04]

お引渡し・・・その前に

WDでは、建物が完成しお引渡しの前に、全スタッフが集まり

一斉点検 一斉清掃を行います。

P8260001_2

実は、この全員が集まる事に深~い意味があるのです。

既に各業者さんの点検や役所の完了検査を終えたあと、再度キメ細かな点検を行います

P8260019

P8260003

実際の生活をイメージして、機器の総点検です

 

P8260004

P8260013

キメ細かに、壁や床のチェックと拭き掃除

P8260005

外部は家の外壁から始まり、敷地全体 隅々まで総チェックです。

P8260018 

 

見えない所、床下も掃除機を持ち込み丁寧に。

(思い出残して、木クズ残さず・・・そうつぶやくそうです!)

P8260009

 

1棟1棟を鮮明に記憶に残す 1つ1つを自らの手で行う事。 

これがもっとも良い方法なのです   そして良き思い出となります。

 

各自、気が済むまで 納得いくまでやり終えたら、次は反省会!

 

現場での反省点や改善点 気づいた事 気づかされた事など

皆が感じたままをいい合います。

ここでの意見交換や価値観の共有が次の現場で大いに生かされていきます。

P8260023 P8260026

新しいWDの家が完成する度に、この地道な時間は続いていく。

11

  完全燃焼のWDスタッフの一日でした。。。(*´v゚*)ゞ

 

緑に包まれて。。完成

WDでは、ココチイイ暮らしのために外構や植栽もトータルでご提案しています。
 
そのワケは・・・のちほど。
 
 
仕上げ状況、流れ
 
最初に敷地全体の整地をしてメインとなる木々を植込みます。
 
今回のメインは、年中 緑の葉がある シマトネリコ 
 
このシマトネリコはお庭に植えたい木 ナンバーワンだそうです。
 
そして、オリーブ 常緑ヤマボウシ シラカシ カエデ etc
 
2
 
下草には こんな感じを選びました。
 
3
 
 
建物の外周には、雑草対策のシートを敷いて ちょっと古風な砂利を搬入
 
4
 
木々の根元、土が露出している部分には、土の流出防止と
 
保湿性のある杉の皮で保護していきます。
 
5
 
そして、完成です。 
 
1 (外構植栽 完成)
    [E:updown] 外構、植栽をする前と後です  
12 (外構 植栽前)
 
板壁や植栽がなかったら、外からの視線が気になって
 
  カーテンをビシッと閉めて、暮らすだろうな~ (;д;)
 
そして全ての工事が完成した夜[E:moon3]  施主のYさまが
 
ご家族揃って見学に来られました。
 
6
 
 ☆ Yさま邸  『癒しコーナー』   [E:eye]チョイ見せです。
 
7
 
今週末の完成見学会  お施主様のご厚意にて今回も、 
 
夜の見学出来ます。 木の家の、夜の居心地[E:shine][E:flair] ぜひ見に来て下さ~い♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

仕上げ☆色付け

ここ 『ANPLAGGD』 では、今週末の見学会に向け、外内部共に着々と工事が進んでおります!

各部分で仕上げ工事が進んでおり、様々な「色」が加わってきています!

<和紙・壁貼り工事>
和室の壁は「和紙」で仕上げます。下地のジョイント部分にパテをあて平らにし、和紙を貼ります。色が入ると締りますね[E:shine]
Dsc_2695_2  Dsc_2697
<階段手摺設置>
大工さんが造り上げた階段に手摺が取付られます。色は、ブラックで「艶消し(つやけし)」仕上!かなりカッコいいです( ̄ー ̄)ニヤリ
Dsc_2710
<キッチン家具据え付け>
オーダーキッチンを据え付けている様子。
お客様の使い勝手に合わせ、世界にただ一つだけのキッチンです。
Dsc_2714  Dsc_2711
<キッチン換気扇設置>
今回は、アイランドにて調理する計画なので、単独でレンジフードがキッチンに出てきます。これも見所の一つ、かっこいいです!
Dsc_2719  Dsc_2718
<市役所による完了検査>
問題なく無事にパスしました!!検査員の方もWDの造りに興味津々の様子[E:shine] 2336_1_image  2336_3_image
<ウッドデッキ工事>
下地である大引を設置し、床板の杉材を貼り合わせていきます。
少しでも気持ちよく使っていただくため、仕上げ方にとても気を使う作業です。
Photo  Photo_2

<車庫・土間コンクリート打設>
車庫部分の面積が広い為、中間にスリット(型枠)を入れ、コンクリートを打設します。こうする事で、コンクリートの亀裂を防止する効果があります。
今回も仕上は「洗い出し」。丸一日を費やしての作業となりました。
Photo_3  Photo_5
Photo_6

いよいよ、今週末は見学会[E:shine][E:house]

見所満載、とてもかっこよく仕上がっています。

見学会当日が楽しみな 椎葉でした。

ラストスパート!

8月に入り、目粉しく変化していく 『ANPLAGGD』。

ご近所の方々もあまりの変わりようにビックリしている様子(≧m≦)

工事終盤ともあり、沢山の協力業者さんが各箇所で工事を行っております!

<足場解体前の屋根洗浄>

これまで丹精込めて造り上げてきた『ANPLAGGD』。

洗浄中、感慨深いものがありました゚゚(´O`)°゚ 

Dsc_2673  Dsc_2674

<屋根から見渡す景色>

足場がないと上がることもない屋根。じわじわと思いが込み上げてきます・・・

Dsc_2675  Dsc_2681

<足場解体前の外壁洗浄>

Dsc_2683

<外部のシーリング工事>

和室サッシ廻りのシーリング様子。

Dsc_2627

<外部の塗装工事>

H鋼雨樋下の破風板塗装。

Dsc_2631 

<外部の塗装工事②>

和室サッシ部分、戸袋の塗装。

Dsc_2669

<足場解体工事>

足場絡みの工事を全て終え、無事に足場を外すことができました!スッキリした感じです[E:shine]

Dsc_2688  Dsc_2691

2337_1_image

いよいよ来週は見学会

お天道様にもお祈りしつつ、工事の方もしっかり行っていきますヽ(´▽`)/