走馬灯のように…

見学会が終わり、静けさを取り戻した「an earth floor」。
今回は引渡前の清掃と検証会を行います。

今まで、家のほとんどをスタッフの手によって清掃が行われてきた「an earth floor」。
ここでも さらに補修個所等を含めて磨きをかけていきます。

水周りは、実際に水を流しながら確認していきます。

家具も収納を外し、その内部まできれいにゴミをとりのぞいていきます。

床も 普段は手の届かない棚板の下や、キズ等も含めてきれいにケアをしてもらいます。

二階の床も同様に、きれいに念入りに磨いてもらいました。

そして最後は床下…。
真夏の暑い中、完全防護で埃やチリと戦ってくれます。
水漏れを含め、完璧に清掃してお客様へ引渡ます。

最後にスタッフ全員で検証会を行い、次の家への改善個所と反省をしていきます。
目に見えないものも、ここで磨かれていくのでしょうか…。

検証会が終わりまして、とうとう お引き渡しの日をむかえます。
これから毎日使い込むキッチンにて、操作の説明を行います。

細かな保証内容の確認をして、もしもの故障にも備えていただく。
大事なところですね。

さあ、いよいよ鍵のお引き渡し。
最後のチェックをして工事キーから「本物の家の鍵」へ代る瞬間をむかえます!

ガチャガチャ…重い、想い、おもい…そんな感じのする音をたてて、「U様邸」となった「an earth floor」。

いろんな想い出が走馬灯のように過りました。

そしてこれからがスタート。ながいおつきあいをよろしくお願いします!

おめでとうございました!

完成にあたっての下準備

もうすぐ完成をむかえる「an earth floor」。
土間の家にはいろんな挑戦がありまして。

ここだけの話ですが、少しだけご紹介したいと思います。


自然を愛するU様御一家。
扉の取手も既製品を使いたくないとのことから…
山師の方から手に入れた、凄く硬い木の枝を使うことに。


そして完成したのがこの写真。
いやはや、味がでていますね。(しかしながら、これは特別バージョン。この仕様は要相談です!)


今回は、久しぶりに「石」を使ってみたくて…。
児湯郡の山から調達してきた小さな石礫(いしつぶて)。
これを「左官の鬼」さんにゆだねますと…


こんなふうに綺麗に並べてくれます。
エアコンの室外機を置くベースになって、普段はあまり見えなくなるところなのですが、水気を帯びて 苔が生えたら…想像するとステキかなっと思いまして。


「左官の鬼」さんにもう一つゆだねてみましたところ…
とても手間のかかる、面白いものを作ってくれました。
これは「完成写真集」をご覧になってくださいね。


内部の壁の色を決めるためのツールも制作しました。
はめ込み式のカラ―サンプル。土間の洗い出しとのイメージを探るために、小さな洗い出しのサンプルと一緒に小さな壁も作ってみました。


完成したイメージは、これまた完成写真集をご覧くださいね。

私達のいろんな想い出が詰まった「an earth floor」。
完成が楽しみです。

千変万化。。

大自然豊かな『an earth floor』の現場。。


お隣の畑では今季二度目の牧草の収穫を終えるなか

現場のほうでは仮設足場を解体し内部は仕上げ工事に入っております。


N棟梁よるストリップ階段の製作です。

一枚の板から側板、踏板となる部材を加工し

その部材を組立てていきます。


組立てたストリップ階段を取付けするワンシーンです。

棟梁の技量の高さが垣間見れますよね。


床貼り、吹抜け手摺の造作とN棟梁の細やかな作業の連続が

内部仕上げの美しさを生み出しています。

そして『an earth floor』現場タイトルの所以でもある

土間も仕上がりました。


その全貌は見学会にて確認頂ければと。。

上棟から三ヶ月、完成にむけて日々変化する

『an earth floor』の現場です。

大切なおうちはキレイに♪

着々と進んでいる「an earth floor」のおうち。

今回はスタッフ総出でお掃除です。

掃除の基本は↑から↓にですよね♪

おうちの場合、一番高いところは屋根です。

 

早速、屋根から汚れを落としていきます♪

一気に汚れがおちていきますね…( ゚Д゚)/

 

つづいて外壁→サッシと順番に順番にやっていきます。

掃除を始めて2時間ちょっと。やっとピカピカになりました♪

(写真が分かりづらくてスミマセン(´;ω;`))

お引き渡しの時だけでなく、現場はいつも綺麗な状態にしておきたい。ウッドデザインが大切にする思いの一つです。

 

家を建てられた方も、これから建てたいとお考えの方もおうちのメンテナンスは大切です!

大切にしてあげれば、家は長く丈夫で美しく、輝いてくれます。

「そういえば、最近手入れしてなかったな~」と少しでも思った方は、ぜひ次のお休みにお掃除してあげてください♪

きっとまた一段と美しくなりますよ(^^)/

 

 

梅雨に入ったばかりですが、早く明けてほしいと願うkitでした。

薩摩なまりの上棟式

棟上げも終わり、少し落ち着いた土間の家「an earth floor」。
今回は思い出に残った上棟式の様子を御紹介します。

当日はスッキリと晴れ渡り、絶好の「せんぐ日和」となりました。

のどかな場所にある「an earth floor」。みんな集まってくれるかな…
私達の心配をよそに、時間近くには近所の皆さんや お友達、たくさん集まっていただけました!

皆さんが集まったところで、さっそく式が始まります。
どんな思い出として残るのかな…息子さんのコウ君も参加して式を進めました。

さあ、式が終われば 恒例の「寸劇」の時間です。
ウッドデザイン内では「大ウケ」だったのですが…。思い出には残ったかな…

さて、気を取り直して「せんぐ」の始まりです!

御近所のおじいちゃん、おばあちゃん。今までに見たことのないようなステップでお餅を拾う姿に、家族の方も驚かれていたりして。

皆さんの笑顔が、とても素敵で楽しい「せんぐ」でありました。

最後は抽選会、ご施主様のU様より 素敵な商品をいただきました。
ここでも素敵な笑顔、見ている私達も 幸せな気持ちとなりました。

土間の家「an earth floor」。
ダイナミックな工事が終わり、今後工程は 細かな造作へ移行していきます。
次回はそんな現場を御紹介していきます。

U様、おめでとうございます!
これからも気を引き締めて、作業を進めていきますね。