お引き渡し☆

6日にお引渡しをしましたamabile。

いつもより、少し早目の時間からのお引渡し。。。

オーナーシェフでもあるご主人の、ランチ前にという事で9時半からスタートしました。

現場ブログの最後になりましたが、ネーミングでもあるamabile。

イタリア語で、甘いワイン[E:wine]なのだそう。まさにT様ご夫婦のよう。

そばにいるだけで癒される~甘~いナチュラルなお二人[E:heart04]

4_2

1歳3ヶ月になったsakuちゃんも取説に聞き入ってます[E:eye]

10

汚水桝のお手入れも sakuちゃん 身を乗り出して。。

「ボクにまかせて!」って言わんばかり!(^^)!

7

内部、外部含めて1時間半。。最後に玄関キーのご説明。今回のドアは重厚感のあるチークのドア。本キーを挿して頂いて、その瞬間からWDからT様ご家族へとお引渡しとなりました[E:key]

6

ご主人は、ランチのご準備があるので、奥様とsakuちゃんで現場監督の平岡くんから住まいのお手入れブックの説明を。。

あれれ??sakuちゃん そろそろあきちゃったかな~(*´з`)

1

何処に行ったのかと思ったら、ママの膝から離れてリビングに…クルクル回ってるシーリングファンに釘づけでした[E:chick] 目が廻らなかったかな…?

3

一通り説明も終わり、お庭に出てシンボルツリーにヤマボウシのネームプレートを3人で下げました[E:club]

来年の5月頃には白いカワイイ花が満開になると思います。その頃は、sakuちゃんも大きくなってるんだろうな~ココチいい木の家でスクスクとのびのび育ってね(^_-)-☆

Photo

T様、これからが永いお付き合いになります。スタッフ共々ヨロシクお願いします(*^^*)

忘年会シーズン前に、しっとりと[E:wine]GIGILI(ジーリ)さんのディナー[E:restaurant]を堪能しに伺いまーす!

最後の最後まで。。。

今年も後2ヶ月余り…もう10月も終わろうとしています。

目まぐるしく過ぎ去って行く日々…今年9棟目となるWDの家が小松に誕生しました[E:house]

先日、amabileの最後の磨きとWDスタッフ全員集合の改善、検討会が午後イチからスタートしました。

各自の担当箇所を責任をもって磨きながら、お引き渡し前の きめ細かな最終のチェックを行いました[E:shine]

H

まずは、大まかな清掃から始まり…

業者さんに頼めば早いのですが、自分たちが造った家は最後まで天塩にかけて磨き上げる! それがWDのこだわりなのです。。。

G

給排水のチェック。 皆、真剣モード[E:eye]

A

 

もちろん、デッキやバルコニーも綺麗に丁寧に吹き上げます[E:shine]

D

電圧。サッシ開閉や鍵のチェック項目は多岐にわたります…

Photo

B

床、壁、天井、柱、梁と全てが見える木の家。手間も時間もかかります。だからこそ、みんなの手と目で最後の最後まで手厚く。。。

P_2

F

一番大変なのが、床下清掃[E:sweat01]現場監督の平岡くん。愛車の滑車に腹ばいになり掃除機片手に床下の木くずやチリ等を掃除します。

これは、大変な作業[E:sweat02]工事期間中苦労した事もあったでしょう…1棟1棟に思いを込めて最後の仕上げ。思い出残して木くず残さず。

Dsc_2664

そして、いよいよ改善検討会が始まります。

外構造園、アプローチ、板塀、外観…色んな視点で十人の視点で検討していきます。

I

毎度、毎回 何を検討するのだろう?と思われかもしれませんが、誕生する家は同じ家は生まれないわけで、家具も含めて細部の納まりもそれぞれ違うのです。

Q

言わないとわからない、気づかないわかる人にしかわからない部分を十人のスタッフがそれぞれに意見を述べていきます。

U

一人では気づかなかった箇所を気づかせてくれた箇所もあったりとこの時間は刺激にもなり面白い時間なのです。

気がつけば、もうすっかり夜。。。時間がいくらあっても足りないくらい…

まだまだ、WDスタッフは熱く語り合います。

今日の検討会で新たに生まれたアイデアが次の現場で活かされていく事でしょう…

V

最終工程

amabile 植栽工事の風景 
 
今回もamabile の家に似合うような木々の選木に行ってきました。
 
そして、早朝より植栽工事です
 
05
 
まずは、敷地全体の整地から始まり 
 
防草シートという雑草対策のシートを敷き詰め
 
化粧砂利で整えていきます
 
04
 
そして、目的のポイントに意味のある木々の植え込みです
 
今回の木々は・・・
 
常緑山ボウシ シマトネリコ ハクサンボク モミジ
 
月桂樹 ミツバツツジ ブルーベリー etc。。。
 
1本1本 丁寧に植えこみます。
 
03
 
ここでの注意点は、決して欲張らない事です。
 
 
あれこれ欲張って植えこむと 後が大変になるだけではなく
 
維持や管理も大変なハメに・・・
 
目的は、四季の移り変わりや お庭の雰囲気 木漏れ日 
 
[E:sun]西日対策 目隠しや、お庭の観賞。 
 
やり過ぎず。。やらな過ぎず。。 です
 
少しもの足りないくらいで気持ちを抑えて
 
01
 
この続きを、お施主さまが自分らしく満たしてくれるよう 
 
その空間を開けておきます。
 
02
 
いよいよ、お引渡しですね。。ヽ(´▽`)/
 
 
 
 

あと一歩。。

 

今週末の完成見学会に向けて工事の方も佳境を迎えているここ『amabile』の現場。
 
 
Securedownload3

 
Securedownload4

 

土色のキャンパスに描かれた下書きに沿ってカーポート土間及び、
 
玄関までのアプローチ土間をコンクリートの洗い出しで仕上げております。
 
 
Securedownload

 

内部の仕上げを終えT大工さんがデッキと板塀を仕上げていきます。
 
先日の台風襲来で雨の日が続いたなか台風一過の青空のもとでの作業は、 
 
他現場の大工さんたちの応援をもらっての総力戦なのです。
 
 
Securedownload6

 

板塀、デッキともに形になり塗装の仕上げまで終えております。
 
 
Securedownload1

 

あとは造園工事を残すのみ、
 
完成まであと一歩のところまできたここ『amabile』の現場なのです。
 
 
 
 
 

夜な夜な。。

 

工事はもう終盤戦、
 
外部のほうでは着々と外構工事がすすむここ『ama bile』の現場。
 
Securedownload

 
内部のほうでは完了検査にむけて照明器具、設備器具、家具、
 
階段手摺が取付き仕上がって行ってます。
 
そんななか夜な夜な吹き抜け手摺の取付です。

Securedownload6
 
吹き抜け手摺は黒鉄の支柱と木の融合です。
 
Securedownload_2

 
まず笠木、中桟の木の部材を寸法通り切りそろえ、
 
黒鉄の支柱と融合する部分を丸ノコで慎重にきざんでいきます。
 
Securedownload2

 
次に笠木を取付けるために両脇の柱を慎重かつ丁寧に彫り込み、
 
Securedownload3

 
笠木を固定していきます。
 
Securedownload4

 
その後、黒鉄の支柱を建て込み中桟を取付けること三時間…、
 
ようやく完成です。
 
吹き抜け手摺も取付き内部の仕上げが整った昨日、
 
市役所による完了検査を受けました。
 
Securedownload1

 
完了検査では検査員のかたが建物の配置や内部の方を、
 
図面片手にすみずみまで確認していきます。
  
内部の仕上げや構造のほうにも興味もたれた模様で一足早い内覧会のようでした。
 
 
そんな完了検査も終了し、
 
完成へにむけてのラストスパートがかかり始めた『amabile』の現場なのです。