Change from day to day

年明けより外構工事が本格的にすすみ始めた『 COCOCARA 2020 』の現場。。

手前のほうでは左官さんが道路境界、カーポート周辺部のブロック積み及び板塀のアングル建込み最中です。また、その奥では大工さんによるウッドデッキの制作と外部のほうでは職人さん達の作業が賑やかになってきました。

内部のほうではM棟梁がアクセントとなる板壁の板張り及び吹抜け手摺の制作・取付けです。吹抜け手摺は細部にわたり部材の加工を施しており、シンプルなデザインに見えてもひと味もふた味も違ったものになっています。。

キッチンでは工場で制作がすすんでいた造り付けの家具が搬入され、ようやく取付けを迎えました。

一方、玄関では左官さんが土間の洗い出しの作業を外構工事と並行して行っていきます。職人さん達の手でひとつ、またひとつと仕上り完成へ近づいて行っています。完了検査ももう間近、日々変化していく現場が楽しみです。

 

 

 

番付け

”Home Sweet Home”の番付けに行ってきました。

番付けに向かう道中、日南海岸を走っていて

ずっとこの眺め、癒されますし

本当に宮崎最高!ありがとう!

そんなパワーがありますよね。

 

パワーをもらって工場に到着

暖冬と言いながらもこの日の早朝は

指先の感覚がなくなるような寒さの中で

番付けを始めました。

並べられた柱から吟味していきます。

1本づつ四つの面をチェックして柱の小口に

化粧で見せる面を記してすべての柱を見終えてから

いよいよ番付け本番です。

この番付けを基にプレカット工場で機械加工される

のですが、番付けに使われる記号だけは

いろはと一二三の組み合わせで昔ながらの

大工仕事を継承しています。

柱の次に梁の番付けです。

柱に比べるとかなりの重さなので慎重に並べて

1本ずつ確認してから化粧でそのまま見える

方向を決めていきます。

番付けを終えた材料は一旦熊本に行き、

綺麗に加工されて戻ってきます。

もうしばらくお待ちください。

 

帰り道カープ駅に参拝して

『今年こそ、奪還日本一!!』

『頼むぞ、誠也!!』

祈願してきました。

 

 

 

 

新しい仲間ができました!

順調に外部工事が進む*いつも、ずっと*の現場は

3階建ての堅固な骨格の上に真っ白なモイスの鎧を

身に付け、木の窓で新たな眺めと風を感じることが

できるようになりました。

木の家に木の窓

その木の窓に新しい仲間ができました!

棟梁とhizaが取り付けをしているところです。

写真では今までの木の窓と同じように見える

かもしれませんが、ちょっとだけ?違うところが

あるのです。

 

是非その違いを実際に触って感じてください。

 

 

 

ようやく完成へ。

昨年末より外構工事の最終仕上げ工事がすすむ『 風と暖炉と動線 ! ! 』の現場。

年明けよりアプローチ部・車乗り入れ口の土間コンクリートの型枠の段取りを行い、いよいよ仕上げのコンクリート打設です。ラストスパートにも力が入りますが焦らずいつも丁寧な作業ぶりは安心して見ていられます。ひとりで黙々と外構工事を担当してくれた職人さんももう少しで一息つけそうです。。

最後に造園屋さんによる植栽工事です。お家を彩ってくれる大・小の植栽が職人さんの手でひとつずつ植え込まれていきます。今は育ち盛りで小さくともその成長に合わせた配置になっており数ヶ月、数年後にはまた変わった印象のお庭になっているんだなと思います。。

内部のほうでも最後に薪ストーブの設置にかかっております。今週末からの見学会では” ヤマカナ “さんが実演を兼ねて薪ストーブの魅力を語り体感できる場になっています。ご興味のあるかたは是非一度足を運んで頂ければと思います。。

 

 

こどもは風の子、元気な子

ここは、朝日が優しく照らす佐土原町のとある場所。
本日はここ、”かぞくのじかん”の地鎮祭。
開式までの間、お施主のM様やご両親は楽しみにしていた建物の縄張りを見たり、スタッフと話をしたり、和やかな時間が過ぎていきます。

Kくん、なんと半袖・半ズボン!こどもは風の子、元気な子とはまさにこのことでしょう。お兄ちゃん、ますます逞しくなってきました。

待ちきれない子供たちは土にお絵かきしておおはしゃぎ。将来の夢はお家の設計士!・・になってくれるかもしれません。

いよいよ開式。地元の宮司さんが祝詞を読み始め、朝の静かな住宅地に高らかな声が響き渡ります。

玉串奉奠。ご家族全員で玉串を捧げ、二礼二拍手一礼。★柄ズボンの似合うSくんもちゃんと一緒にできたね。

神酒拝戴。こんな経験はお子さん達にもなかなかないものです。Tくん、ちょっと緊張。お父さんお母さんが優しい顔で見守ってくれています。

工事の安全とM様ご家族の益々の繁栄を願い、参加者全員そしてこの地にもしっかりと飲んでいただきました。

男の子3人、毎日元気いっぱいのM様ご家族の物語。

その名は、”かぞくのじかん”。皆さんにもなんとなくこの言葉の真意が伝わってきたのではないでしょうか。
まもなく工事着工です。引き続きお楽しみください。

kit