きよたけの家 

年末のそわそわした日が続く師走。


冬の日とは思えないようなぽかぽか日和の12月下旬。お引き渡しから4年が経過した「きよたけの家」ことK様邸におジャマしました。

玄関ドアを開け、中に入るとふわーっと木のいい香り。そしてほんわかあったかい空気で包んでくれます。この日はご主人もお休みということでご家族お揃いで「ようこそ、いらっしゃいませ〜」明るい笑顔のK様ご一家にお迎えいただきました。


ウッドデザインとの出会いは?。。。
「他社で新築を検討していた最中、WDさんと出会い、心境が変わりました」と、いい香りのコーヒーを淹れながら楽しそうにおっしゃる奥様。「その出会いからというもの、職業柄、県内各所を異動している数年間も常に見学会に足を運び続け、具体的に話が進んだのはそれからでした。」とおっしゃるご主人。見学会に何度も来て頂いて本当に感謝です。



「きよたけの家」は3階建て。お引っ越しする前は平屋だったようで、お引っ越ししたばかりのときは階段の上り下りで目が回りそうでしたと笑顔でエピソードを話してくださった奥様。すぐ慣れたご様子でした。


プランのこだわりの一つだった2階リビングは南側には大きなデッキと大きな窓。冬は温かい陽、夏は涼しい風がはいってきて、来る人来る人がみんな「いいな〜」といってくれるんです。

 

小さい子どもなんかはジャングルジムのように遊びますよ。

そしてこのリビングが家族団欒でいつも集まる場所、お気に入りの場所なんですよ。とお話いただきました。コーヒーのいい香りとほんわかあったかい空気に包まれていると、ピンポーンと突然のお客さんが。。。。

元気な娘さんのお友達が遊びにいらしてます。

「この家はよく人が来るんですよ。とくに子どもたちのお友達はよく来て遊ぶんです。」もうすっかりみんなが集まる家として定着してる様子でした。



 

こんな晴れた日は大きな窓に背中を向けて、ひなたぼっこしながらマンガ読んだりするんですよ。

あったかくてとっても気持ちいいんです。と話す奥様。この日は屋外は寒かったのに室内はポッカポカ、汗かきそうです。


このリビングで家族が集まり、会話をし同じ時間を過ごす。

この アイランドキッチンのおかげで娘さんが一緒に料理してくれるようになったとか。得意料理はロールキャベツ、ハンバーグ、特に得意な料理は中華スープだそう。お母さんと一緒にキッチンに並んでる姿が目にうかびます。みんな顔をあわせて食卓で食事した後に畳の部屋に移動するのがK様家流。キッチン、ダイニング、リビングの動線はしっかり確保されているようです。


3階は三角屋根の屋根裏部分。屋根裏といっても 高さは十分歩ける高さで窓も大きく、娘さんお二人が勉強するには十分な空間です。ゆっくりと案内していただいた3階にはもう一人の娘さんが、お勉強に集中しておりました。ここはジャマにならない様に静かに退散しますね。



まったりとした時間が過ぎていると、「もうひとつお気に入りの場所があるんです。」と奥様。

ご案内していただいたくと階段踊り場にレゴのお城が佇んでました。照明にライトアップされたそのお城は存在感を醸し出しております。「レゴで何かを作るのは趣味なんです」と楽しそうにお話される奥様。他の作品も見せて頂きました。


その後もまだまだ話は続き。。。。。


ゆったりとした休日の午後、まったりとした時間が流れていきます。。。。

終始にこやかな表情のK様ファミリーはこの家で温かな時間を過ごしていくことでしょう。最後に素敵なお言葉をいただきました。「一度出かけたら早く帰りたいと、そう思う我が家です」


われわれ作り手にとって最高の褒め言葉です。ありがとうございました。

service

株式会社ウッドデザイン

〒880-2112 宮崎市大字小松3036番地2
[TEL] 0985-69-6828

[FAX] 0985-69-0133

http://www.wooddesign.co.jp

info@wooddesign.co.jp

木の家ご案内 ~見てみませんか?

見学をご希望の場合はお気軽にお問合せください。ホームページの完成写真集をご覧頂き、希望の日時、お名前、連絡先をお知らせください。お電話でも対応しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちらへ