赤いおうち

 



2011年冬にご入居された『赤いおうち』Tさん宅にお邪魔しました。
デッキから子供達の楽しそうにはしゃぐ声とともに「こんにちは!」と元気な挨拶。覗いてみると、デッキは子供達の遊び場になっていました。
引っ越しをされる前は、近くのご実家に住まわれていたTさん。「当初はリフォームの計画でした。他社の営業の方が決まって言われたのが、どんな風にしたいですか?間取りは?部屋は何部屋?どうしていいかこっちは分からなくて・・そんな時、白浜のMさんから家を建てたから見においでよ~と誘われたんです。白浜の家を見た瞬間、新築が建てたい!と一瞬にして思ったんですよ」ここからウッドデザインとT様の物語のスタートになりました。
そんなT様のお気に入りの場所は、南窓のベンチチェストで子供達の様子を見ながら、本を読む事だそうです。「ここに座っても外からの視線が全然気にならなくて冬は日差しが入り込んでポカポカして凄く暖かくて気持ちいいんですよ。デッキがツルツルしてるので、最近は子供達が、厚手の靴下はいてスケートのような遊びをして盛り上がってますよ(笑)」



二階のフリースペースは、秘密基地となっていました。段ボールでうまい具合に仕切りを造って、何やら楽しそう♪屋根の勾配と間仕切りがない事で、子供達の創作意欲が生まれたのでしょうか・・暮らしの変化に対応出来、あえて仕切らない事で融通が利くというウッドデザインの屋根裏の活かし方がT様宅でも活用されていました。
以前から木が好きだったT様。キッチン横の収納棚(右)に置いてある丸い輪っぱ弁当箱は、職人さん手造りだそうです。「このお弁当箱に入れたご飯は凄く美味しいんですよ。高いからこそ大事に丁寧に使っています。」カウンターに置いてある樽も愛用の一つのようで、樽にホワイトリカーを入れると熟成されて味がまろやかになり美味しいそうです。家だけでなく、生活の中でも木と楽しみながら暮らしていらっしゃるようでした。「ウッドデザインさんに出会えて本当に良かったです、安心して不安も無く工事が終えた事に感謝しています。なんといっても設計さんにお任せしたプランが私達の暮らしには最適だった事に驚きです」コンパクトにまとめられた家は、冬の寒い時期、蓄熱暖房のお陰でどこに居ても暖気が回って暖かく、家の中は薄着でいられるそう。

 

「何と言ってもこの家はなごみます。居心地がいい、それに尽きますね」久しぶりにお邪魔しましたが、やはり心地良くてついつい長居をしてしまいました。「家は庭や木々が寄り添って引きたつものだという事にウッドデザインさんから気づかされたました。
色んな家が建ってるけど、外構や植栽は考えてない事が多いですよね。うちの家は最高です。もちろんウッドデザイン最高、って感じです(^^)」玄関前の「トキワマンサク」が花を咲かせカツラにも小さな葉っぱが顔を出しました。『赤いおうち』はこれからもっと素敵な雰囲気になっていく事でしょう。


 

 

 

 

 

宮崎市の新築,注文住宅木の家ウッドデザインお問い合わせ

 

 

 

 

 

 

service

株式会社ウッドデザイン

〒880-2112 宮崎市大字小松3036番地2
[TEL] 0985-69-6828

[FAX] 0985-69-0133

http://www.wooddesign.co.jp

info@wooddesign.co.jp

木の家ご案内 ~見てみませんか?

見学をご希望の場合はお気軽にお問合せください。ホームページの完成写真集をご覧頂き、希望の日時、お名前、連絡先をお知らせください。お電話でも対応しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちらへ