年末DIY

皆様 あけましておめでとうございます。今年もWooddesignをよろしくお願いいたします。

娘達も帰省し、久しぶりに4人と4匹で賑やかに年末年始を過ごしているsakaです。

今回は、年末に挑戦したダイニングテーブルの天板の塗り替えDIYについて書こうと思います。

我が家のダイニングテーブルは10数年前に購入した安物の集成材のニス仕上げのもので、長年の使用で天板のニスが一部剥がれたり、コップの輪染みができたりと非常に見苦しい状態のため、最近はテーブルクロスをひいて使用していました。

ニスがところどころ剥がれて汚いです。

作業手順は、①ニス剥がし②天板の研磨③塗装です。

まず、ニス剥がし作業です。
ニスを剥がす方法としては、薬剤を使ってニスを溶かす方法と研磨して物理的に剥離していく方法とがあるようですが、私は薬剤は使いたくなく、かといって力仕事もしたくないので、電動工具オービタルサンダーを購入して研磨して剥がす
方法をとりました。

購入したサンダー。○マゾンで税込2599円の安物

○マゾンでのカスタマーレビューの評判は良かったのですが、ニスのように硬度の高い面には歯が立たず、ニスの艶が曇る程度にしか磨けず、使用を断念しました。😭

結局、ヘラを使ってコツコツと剥がす力仕事になってしまいました。疲れた~😫

そして、第2段階、天板の研磨
ここで、上記のサンダーがようやく活躍してくれました。💪
(騒音と木屑のほこりが想像以上にすごくて、室内作業には向かないことを痛感
しました。)

天板の研磨が終了

そして、最終段階の塗装です。
塗料は、「英国王室までもが愛用する極めて優れたワックス。主原料には蜜ロウとカルナウバロウという自然素材が使われているので安心して使えます。」という謳い文句のあるブライワックス(色はRustic Pine)を使用しました。

これを、ウエスに適量取りまして、研磨した天板に塗り塗り。👋

液体塗料のように塗りムラができにくいので簡単。開封時に色が濃かったので不安になりましたが、塗り伸ばすとほどよい色になりました。「自然素材が使われている」ということで、ウッドデザインで使っている自然塗料「リボス」のような微香性を想像していたのですが、缶を開けた途端に灯油のような刺激臭が室内に充満し、クラクラしてしまいました。乾くにつれて匂いはなくなっていき、現在は無臭になりました。ホッ😉

そして、作業完了。

本当は、犬の手も借りたいくらい大変だったのですが、我が家のワンコ達は、「また父ちゃんがなんかやってる」と迷惑そうな眼差しで遠巻きに見てるだけでした。

仕上がり具合は……

研磨作業が中途半端だったのか?輪染みを削りきらずにいた箇所が塗装によって浮き出てしまいました。

次回への反省点としては、やはりこういった作業は屋外でやらないと、室内がほこりだらけになって、後片付けがたいへんでした。

でも、やっぱり木はいいですね。ビニールのテーブルクロスよりも肌触りが優しいし、見た目もなんかほっとしますね。

では、気分を一新して、おいしいコーヒーをいただきます。😍

今年もあと数日で終わってしまいますね。。

現在実家の愛知に向けて帰っている途中なのですが、愛知まではだいたい1000kmくらいの道のりです。

ここ最近は早くて安い飛行機を使っていたのですが、せっかく長い距離を帰省するのだから、今回は車で途中下車もいいかなと愛媛に来ています。

初愛媛上陸でワクワクしております!!

↑道後温泉、人がいっぱいで入れませんでした

景色の話なのですが、幼い頃から知らない土地の知らない景色を見ることが好きでした。ある時、初めての場所に来ても、興味がそそられない景色に出会いました。

それはロードサイドに見受けられるチェーン店の巨大な看板や同じような規格住宅の家並が続く住宅地の景色でした。

合理性や便利さを追求した結果がありきたりな景色をつくりだす一因であると思うのですが、便利さなどを捨ててまで、地域固有の景色を蘇らせることにも違和感を感じます。

自分は今後、お客様のライフスタイルに合わせ、景色や暮らしに花を飾るような、そんな家づくりができるように努めていきたいと思います!!

それでは皆様、良いお年をお迎えください

hiza

 

“平成のおわりに”

こんにちは、年の瀬となりましたね。皆さん、今年はどんな一年だったでしょうか。

我が日本においては、今年の漢字2018に「災」が選ばれるほど、数多くの災害が起き、私たち国民にとって辛い・厳しい年であったといえるのではないでしょうか。

ちなみに、今年の漢字の過去5年はこのようになっていました。(公益財団法人 日本漢字能力検定協会HPより一部引用)

2018年「災」

2017年「北」・・・北朝鮮ミサイルの北海道沖落下や九州北部豪雨などの災害から、平和と安全の尊さを実感した年。

2016年「金」・・・リオ五輪に沸き、東京五輪に希望を託した金と、政治と金問題に揺れた年。(2000年、2012年に続き選ばれていました)

2015年「安」・・・世界で頻発するテロ事件や異常気象など、人々を不安にさせた年。

2014年「税」・・・消費税率が17年ぶりに引き上げられ税について考えさせられた年。

今年の漢字に選ばれた「災」という漢字ですが、実は2004年にも選ばれています。台風、地震、豪雨、猛暑などの相次ぐ天災。イラクでの人質殺害や子供の殺人事件、美浜原発の蒸気噴出事故、目を覆うような人災が多発。「災い転じて福となす」との思いも込めて、選ばれたとのことです。

来年、2019年は天皇陛下の生前退位により、平成の元号から改元されますね。日本国民にとって一つの節目を迎えることになります。

私自身も、昭和、平成と次が3つ目の時代?となります。

この新しい時代に、新しいことにチャレンジして、新しい未来を一緒に創っていきましょう!!

————————————————————————————————

本年中は大変お世話になりました。

みなさま、良いお年をお迎えください。

kit

 

匠の技

先月末に、我が綾町てるはドームでは、

第37回、綾工芸祭りが開催されました。

綾町内外の木工・染織物・陶芸・ガラス・食品の

42工房のお店が集まりました。

連日のように、町内外から県外からも数多くの方々に

ご来場頂きました、私も行って来ました。

そこで

今回木工品のなかでも来場者の話題になったのが

町内で無垢の店、木工房を営む「木作家」さんの

ブースです( ^ω^)・・・、

日本初の特殊技法、木と樹脂を取り入れて、和・洋を

融合させる事により、海をイメージさせ、仕上げた作品です

特徴としては、天板は普通の塗料よりも固く傷つきにくい

つなぎ合わせた部分も強度に優れていてる事です。

何とも言えぬ、斬新さでしょうか、今までに無い工法での

高級感、色使い、光沢、他のお店にない、今まで見た事のない

どこからこの発想が出てきたのか?そこで木作家のS社長に

聞いてみました、木工に魅せられて30数年、元々S社長は

自己流でこの木作家を立ち上げ、綾ならず県内外から

注目(恐れられる😅)を集めるS社長です、だからこそこんな斬新な

発想の作品が生まれたのだと聞きながら、私ながらに思いました。

この作品の難しさは、木と塗料の融合につきます

国内外から塗料を取り寄せ、塗装メーカーの協力など、

国内有名家具メーカーがこの様な工法で数年かかっても

まだ完成していない事を、S社長はご夫婦で完成させた

すご腕のなのです。!(^^)!

綾にお出での際は、「木作家」さんへお寄りください。

☎0985-77-3201「木作家」

yano

ディスカバー宮崎

 

久しぶりに訪れた、とある宮崎市の観光スポット。

じっくり見て回ったことがなかったのですが、

巡ってみるといろいろな施設があることに驚きました。

今回は、私が訪れた場所を当てていただきたく、

クイズ形式でご紹介したいと思います。

 

まずは1枚目の写真です。

この場所には、展望デッキが数カ所あります。

(私が向かった展望デッキは崩れていて景色を

楽しむことはできませんでした・・・)

ここでわかった方はかなり精通された方では

ないでしょうか。

 

続いて2枚目の写真です。

この場所には池があります。

ここでヒントです。越ケ迫池と新池があります。

池の周りは周遊できる散策路になっています。

(私が訪れた時は水鳥がたくさんいました。)

 

続いて3枚目の写真です。

この場所にはアスレチック広場があります。

他にも人工芝スキー場、運動広場があります。

そろそろ、この場所がわかられた方も多いのでは

ないでしょうか?

 

続いて4枚目です。

この場所には『はにわ』がたくさんあります。

ほとんどの方がわかられたと思いますが、

次が最後の写真です。

 

最後5枚目の写真です。

この場所には『平和の塔』と言う名前の塔が

あります。

以上で問題は終わりですが、何枚目の写真で

わかりましたか?

わからなかった方のために答え合わせです。

正解は『平和台公園』です。

この他にもレストハウスがあり、観光に、運動に、

ピクニックに、ご家族で楽しめる公園です。

近くにあるからあまり訪れないけど、今訪れたら

以外に良かったと思う場所が他にもあるかも

しれません。

そんな場所を、また機会があればご紹介したいと

思います。