雑木林に佇む

 

 
以前、土地選びから携わったお客さまのお家(庭)にお伺いする機会があり、
 
その佇まいにワクワク、ドキドキしてしまいました。

 
Img_0515
 
 
道路からはお家が見えないほど木々が生い茂って、
 
そこからアプローチを歩き、
 
 
 
 
 
 
Img_0516
 
 
玄関脇を更に歩みを進めると 
 
そこには樹木のトンネル
 
 
 
Img_0525_3
 
 
 
通り抜けるそよ風が真夏の暑さを忘れさせてくれる気持ち良さです。
 
 
そして子どもの頃、夏休みクワガタ捕りに山の中を散策したような気分も
 
満喫できました。
 
 
 
 
Img_0518
 
 
木々のトンネルを抜けると見えてくるこの景色。
 
 
樹木が一本もなく、庭には芝だけのような住宅を普通に見かけますが、
 
あまりにも味気ない気がします。
 
ウッドデザインでは植栽の一本一本までを含めて住宅と捉えています。
 
そして、その木々にはできるだけ手を加えることなく成長して、
 
いずれ自然に馴染んでいくのが素敵だと思います。      ymd
 
 
 
 
 
 
 

こだわりの蕎麦処2

 

無類の蕎麦好きと言う訳ではないのですが、割と蕎麦屋には

 
良く行きます。
 
だいぶ前に、都城市の『がまこう庵』をご紹介しましたが、
 
今回は、宮崎市にある『吟匠庵』をご紹介させていただきます。
 
 
Img_3891
 
 
 
別にシリーズ化するつもりはないのですが、今後も美味しい
 
蕎麦屋をご紹介しようと思っています。
 
宮崎神宮近くの県立図書館北側に存する『吟匠庵』。
 
趣のある門を潜って店内へ。
 
 
Img_3892
 
 
やはり評判の蕎麦屋という雰囲気を感じます。
 
 
Img_3893
 
 
美味しそうな蕎麦ばかりで、何を頼もうか悩んだのですが、
 
とりあえず、頼んだのが、私の定番の冷酒です。
 
 
Img_3895
 
 
おつまみに蕎麦を揚げた物が添えてありました。
 
そして、今回私が選んだのは、三色の蕎麦に天ぷらが付いた
 
チョピリ贅沢なセットをいただきました。
 
 
Img_3896
 
 
白い蕎麦、緑の蕎麦、蕎麦色の蕎麦、それぞれ違った味、食感
 
が楽しめるとても美味しい蕎麦でした。
 
天ぷらはサクサクで、抹茶塩でいただきました。
 
本当に、冷酒と蕎麦は良く合います。
 
綺麗に完食させていただきました。
 
 
Img_3897
 
 
もう少し食べたいと言う物足りなさも感じつつ、ほろ酔い気分
 
で家路に着いたイワモトでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キッチンは文化のカタチ

毎日使うキッチン。

時代と共に変わりゆくキッチンのカタチ。

昭和に誕生したキッチンは「男子厨房に入らず」の謳い文句がカタチとなったといえます・・・

北側の陽のあたらない冬は寒くて暗い。

お母さんがぽつんと家族の為に

一人でせっせっと食事の準備をする。

その時代は、これが当たり前。

ちなみに私の実家は もちろん北側に台所があるのですが

実家の父は料理が好き?だったのか?

よく手料理を作ってくれていました。意外と母より腕は良く

作るもの全てが美味しかったのを思い出します。

しかし、母と一緒に料理をする事はなかったようです・・・

一緒には立てないキッチンの配置が問題だったかもしれませんね?!

時代は平成と移り、我が家を建てる頃

カウンターキッチンが主流で・・・

キッチンに立ちながら家族やテレビが観れる。

そんな憧れを抱きながらカウンターキッチンにしましたが

結局、カウンターキッチンって一方通行なので2人立つと 

プチラッシュみたいな?

結局、一人づつ立たないとスムーズに事が運べないのです.

Img_2926_2

(kodama家のキッチン)

そして今・・・

WDのキッチンは殆どがオリジナルアイランドキッチン。

どの方向からでも行き来でき

自然に人が集まり、回遊できる。

Photo33_02_3

今までキッチンに立つ事もなかったご主人が

一緒に夕食のお手伝いをしてくれる。

そんな話をOBさんからちょこちょこと聞く事があります。

キッチンは大切な家族やお友達と楽しめる唯一の場所。

Vois_p_07_p5_5

生活の中心でもあるような場所であって欲しい・・・

 

  kodama

 

 

アツイ街★青島

今週土日は青島にて、RIVERSIDE.N.Y 完成見学会を開催中♫
http://www.wooddesign.co.jp/event.html
青島といえば、海 こどもの国 ういろう…
Image_5
ですが、最近はそれだけではありません。
雰囲気の良いカフェやお店がたくさん(^O^)
こんなステキな青島版フリーペーパーも♫
Image_6
Image_7
Image_8
今すぐ行ってみたいお店ばかりです。
ドライブがてら海を見て、ちょっとお茶するだけでも楽しそう〜
もちろん!今週はwooddesign見学会にも足をお運びくださいね☆
Image_9
何気ない日常の暮らしの中で得られる深いくつろぎと満足感。
見学会は8月2日までです(^O^)
ぜひぜひ遊びにきてください♫
mune

夏といえば 8耐‼︎

今年もまた暑い季節がやってきましたね(ーー;)
26日に鈴鹿サーキットで行われたバイクの8時間耐久レース!
Image_2
これがあると 夏が来たことを改めて実感します。
本当は鈴鹿までレースを見に行きたかったのですが、さすがに行けず。。。
宮崎に住んでいると、どこへいくにも大変ですねσ^_^;
鈴鹿には行けなかったので、テレビ中継で自宅でのんびり観戦することに。
のんびりとは言いつつ スタートのときはこっちまで緊張(*_*)
ドキドキしながらテレビと にらめっこ。
そして、いよいよ スタート‼︎
Image_3
コースの反対側から 走ってバイクのところまで行き、跨ってエンジンをかけながら走り出します。
エンジンのかかっていない状態からのスタートなので、足の速さやバイクのエンジンのかかりやすさにも左右されます。
Image_2
レース開始すぐはバイクがひしめき合い順位もかなり変動します。
特にカーブでの追抜きは見どころです‼︎
レーサーの技が光ります^_^
なかでも今年の優勝候補のチームがすごい!
普通、カーブではバイクを倒して膝を擦りながら走るのですが、このチームは…..
Image_3
膝どころか肘まで擦りそうなほどバイクを倒して走っていました(°_°)
こっちまでヒヤヒヤしますね。
レースも終盤になり日が暮れ始めるとヘッドライトがつきはじめます。
Image_4
これがまたかっこいい‼︎
レース終了後には優勝者を讃える 他のレーサーの姿が。
Image_5
その姿に感動>_< レース終了後のレーサー達の姿も見どころですね! 8耐の見どころは他にも! それは 何と言っても 実況‼︎ この実況があることで さらに盛り上がります^o^ 途中でちょっとした8耐の豆知識やルールの補足などもしてくれるので、私のような素人がみてても 楽しめます。 来年はぜひ 8時間耐久レースを観戦してみてください^_^ M.saki