アイデアの種

Photo

この一冊の古いファイル…
私の大切な宝物です。

Photo_2

いろいろなアイデアを図面やスケッチにおこして忘れないようファイルしているのです。

残念ながらこの中のほとんどが「ボツ」。
時間をかけて考えたアイデアもあり、本当はとても悲しい時もありまして…

Photo_3

しかしよく見てみますと、仕事にはあまり関係ないようなものもありまして…
「ボツ」になった意味がわかってきました。

時には悲しく、時には楽しく…「アイデアの種」は育っていくのでした。

TZK

スキルアップのために

こんにちわ。
 
休みの度に遠出するIKEです。
 
先日、福岡まで足を運んで葛飾北斎展にいってきました。
 
Hokusai1
 
冨嶽三十六景や赤富士の作品を残した北斎は
ご存知の通り、浮世絵で有名ですね。
世界の有名画家も影響を受けたという浮世絵師です。
このような大巨匠の作品を生で観れるのは
なかなか機会がありません。
 
北斎の作品はほとんどが木版画で、髪の毛のような細い線でも
小刀等で彫り残し、製版していたという繊細な技術。
ほんとうにすごい腕です。
 
もとより版画ですので、何枚でも同じ作品を作れるわけで、
現代の印刷技術の原点ともいえると思います。
また北斎は挿絵画家としても知られており、その証拠として
文字等を配置する為に妙な空間があいた構図の
作品があったりするんですね〜。
北斎まんがも現代に引けを取らない笑えるマンガです。
 
まさに現代でいう「グラフィックデザイナー」なんです。
 
Hokusai2_2
 
大胆な構図、インパクトのある作品群は
今わたしの技術において大変参考になるものばかりです。
もっとスキルを磨いて、いい広告、いいホームページを
作っていきたいと思うところでした。
 
IKE
 
 
 
 
 

♪春よ来い♪

Yjimage3

春よ来い 早く来い [E:notes]

あるきはじめた みいちゃんが

赤い鼻緒の じょじょはいて

おんもへ出たいと 待っている

 

春よ来い 早く来い

おうちのまえの 桃の木の

ぼみもみんな  ふくらんで

はよ咲きたいと  待っている♪♪

 

Image_5

2月4日、立春を過ぎた休日、日南市JR北郷駅[E:train]構内に、

日本一の早咲きの桜が咲いていると聞き行ってまいりました。

JR北郷駅に沿って約20本ある寒桜は、

満開に咲き誇って春がそこまで来てると言っているようにも見えました。

北郷町は、3月末頃から「花立山公園」で約10,000本の桜が咲く事でも有名な所です。

91f7cd7a05c9410859b746c380a930a81

ウグイス達も、大変楽しそうに飛び回っていました。

Photo

Image_4

Image

丁度其の時、13時16分発、下り「志布志行き」急行電車が入って着ました。

同じ時刻13時16分に、上り「南宮崎駅行き」普通列車も入って着ました。

構内の中には、撮り鉄[E:train]のカメラマンの方々が遠くは福岡、佐賀から来られてシャッターを切っていました。想わず私も”撮り鉄”気分で[E:camera]

 
Photo_4

その夜の食卓には、菜の花の胡麻和えが

一品添えられて春がもうそこまで来ている、そう思える一日でした。

♪春よ来い♪

yano

感性を磨く

先日、完成現場に午後一番に集合したWDメンバー
 
1棟の住まいが完成するごとに、この感性を磨く会が行われます。
 
A5
 
さっそく、建物を外観から見つめながら。。。
 
敷地と建物の関係 駐車スペース アプローチ インターホン
 
外構 植栽 等。。。  全体のバランスを検証していきます
 
A2
 
次いで、内部に入り  プランの構成 窓位置やバランス
 
照明計画 各部の納まり オーダーキッチンや
 
造作家具等。。。  意見の交換はドンドン続きます
 
4a
 
皆で、意見を言い合います。 いや、皆から意見を頂きます。
 
その個人が感じる事 十人十色です。 
 
 
ウッドデザインは、シンプルで美しい木のいえを日々追求しており
 
そこには、何より建築が好き。。。そんなメンバーが集い
 
これはどうかな? あれはどうかな? そんな事を言い合いながら
 
夢中になるメンバーがここにいる。
 
A3
 
私は、このようなメンバーの中で建築の仕事ができる事を
 
誇りに思います。
 
そして、私たちに家づくりを託されたお客様にも
 
日々感謝の気持ちを忘れてはならない。
 
A1
 
今回もまた 感性の磨き合いと、感謝の気持ちは
 
夜まで・・・  つづきます。  toku
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

60ケ月

 
 
先日、お引渡しから5年目の点検で『しらはまのお家』に御邪魔しました。
 
Img_01922階デッキ下の亜鉛メッキ鉄骨 
 
海のすぐ側ですが塩害もありませんでした。
デッキはご主人が塗装されているという事でした。
 
点検箇所は多岐にわたります。
外部の屋根、外壁、排水枡から始まり
サッシの開閉、ビスの緩み
建具、設備機器
 
 
Img_0197
 
最後に普段目視できない床下点検です。
 
しっかりメタボの私でも入れるようにと  
棟梁に大きめの点検口をお願いして正解でした[E:sweat01]
 
 
Img_0195
 
 
シロアリ発生の危険区域でもあり、実際ご近所でも被害が出ているそうです。
床下に入り、水漏れの跡はないか。
蟻道らしき痕跡はないか。
眼を凝らして確認しました。
 
『異常ありません』とお伝えするとシロアリの事を一番心配していた
奥様もホッとしていました。
 
 
Img_0191
 
点検とは関係ありませんが、
5年経過し綺麗な飴色になった天井板と
変わらず真っ白なモイスのコントラストが鮮やかでした。
                                                      yamada