勉強させていただきました!

ある日のこと…
木の家オーナーのS様より、「子供たちが使う踏み台」の制作依頼がありました。

それは、保健施設にて子供たちの「検診」や「診察」にて使う踏み台や椅子になるようなものが出来ないか…との相談でした。

その時は、事の重大さに気付かず、「面白そうですね、出来ますよ!」なんて、いつもの調子で依頼を受けたものの、いざ考え始めると どう作って良いものやら…。

限られた予算内で… 子供たちにも使いやすくて… 安全で… そして私にも作れて…

さっそくスケッチから始めます。

Dsc_0289

現在 使っている「踏み台」を見せてもらい、使いにくいところ こうだったら良いな…と思うところをあらかじめお伺いして アイデアを練りました。

まずは「扱いやすさ」=「軽さ」を重視して、あまり大きくせずに最小限のサイズに留めます。
後は取回しを良くする為の取手がわりの穴を開けてみたり…(軽量化にもつながるのかな…)

そして最後の難題「片付けし易くしてほしい」との要望。
市販の家具でも折りたたみ機能が付いたものはあったのですが、なんせ私が作れる範囲を超えておりまして(強度の問題もありました)。

考え至ったのが「省スペース化出来る」=「積み重ねる」こと…。少し苦しいのですが、これで進んでみます。

Dsc_0245

まずは材料を切り出しまして。

Dsc_0248

あらかじめ、細かな加工を終わらせておきます。
まだこの段階では「仮組」を前提にしていますので、少しづつ変更を加えながら作業を進めます。

Dsc_0249

実際に仮組してみます。
本当は「仕口」を使って材料を接合させてみたいのですが…なんせ私が作るので、今回はスキップします。(いつかはチャレンジしたいですね!)

Dsc_0243

大好きなトリマー作業。あんまり大きな丸面は好きではないのですが、子供たちの手に掛かりやすい範囲で調整してみます。

Dsc_0190

強度を補うための材料も 小さくしてみましたが…少し不安ですね。

Dsc_0290

あーでもない、こーでもない…試行錯誤の末、やっと完成しました!

写真は3つの踏み台を重ねて置いているところ。
なんとか省スペース化して、取回しが良くなっているでしょうか。

あとはこれを使ってもらい、不便なところを「改善」していくことになりました。

「家」とは違った使い勝手があるものの、「使いやすくしたい」が根底にある物造りの考え方は 何かしら家づくりに通じるものがありまして、楽しく苦しく、そしてやっぱり楽しい制作時間となりました。

さて次は何が出来るのか…。また何かありましたら御報告します。
久しぶりに家具(?)が作れて、満足した手束でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。