給油口

 

初めて乗った車を給油する時、給油口が

左右どちらにあるか、車から降りて確認

した経験はありませんか?

初めて乗る車でも、車内にて確認できる

ことをご存知でしょうか?

スピードメーター付近にある燃料計を見て

ください。

よく見ると給油機の絵の横に小さな三角が

あります。この三角が給油口の位置を表して

います。三角形の尖ったほうが右を向いて

いれば、給油口は右。左を向いていれば

左にあるはずです。

それでは、なぜ給油口の位置が車種によって

違うのでしょうか?

保安基準では、給油口の左右の位置に関する

規定はありませんが、輸入車は右側が多いよう

です。国産車は、メーカーによって左右が異なります。

日産、スバルは右側、トヨタ、レクサス、ホンダ、

マツダ、スズキ、ダイハツは左側が多いようです。

エンジン等の設計にもよりますが、大半の

国産車は、マフラーと反対の位置に給油口を

設けています。燃料であるガソリンは引火性が

高いので、引火のリスクを少しでも減らすため

のようです。

今ままで何気なくガソリンを給油していましたが、

もし、給油口の位置を統一した場合、ガソリンスタンド

によっては渋滞し利便性が悪くなるかもしれません。

でも、近い将来電気自動車が普及しガソリン車が

少なくなれば、心配無いでしょうが・・・