次世代住宅ポイント制度

令和元年10月1日に予定されている消費税率の引上げ後(8%から10%)の住宅取得にメリットが出る支援策 の一つとして 「次世代住宅ポイント制度」 が創設されました。

新築住宅については、その住宅の性能に応じて最大35万ポイント(1ポイント=1円)が住宅取得者に交付されます。

以前にも「省エネ住宅エコポイント」という制度があり、ポイントの使い方として、商品券への交換や即時交換(追加的に実施する工事費への充当)ができましたが、今回の「次世代住宅ポイント制度」では「次世代住宅ポイント事務局」が別途指定する商品への交換のみとなるようです。

現在、交換対象商品の募集手続きが行われており、商品の募集項目としては、

■省エネ・環境配慮に優れた商品
 パソコン、テレビ、レコーダー、エアコン、照明器具、寝具etc

■防災関連商品
 食料品(非常食・保存食) 、 防災・避難用品etc

■健康関連商品
  アウトドア用品、自転車、スポーツ用具、健康器具etc

■家事負担軽減関連商品
  キッチン家電、掃除・洗濯家電、スマートスピーカー
 キッチン・バス・トイレ・洗濯・掃除用品 etc

■地域の振興に資する商品
 地場産品(例:肉、魚、野菜、果物、缶詰、酒、ジュース、陶磁器、    木製家具、織物など)

とされており、6月3日に 「次世代住宅ポイント事務局」ホームページで指定商品が公表される予定です。

せっかくのポイントですから、有効に使えるといいですね。私なら、ちょっとおしゃれな木製家具とか欲しいですね。

と、あらぬ妄想に耽ってしまったsakaでした。