匠の技

先月末に、我が綾町てるはドームでは、

第37回、綾工芸祭りが開催されました。

綾町内外の木工・染織物・陶芸・ガラス・食品の

42工房のお店が集まりました。

連日のように、町内外から県外からも数多くの方々に

ご来場頂きました、私も行って来ました。

そこで

今回木工品のなかでも来場者の話題になったのが

町内で無垢の店、木工房を営む「木作家」さんの

ブースです( ^ω^)・・・、

日本初の特殊技法、木と樹脂を取り入れて、和・洋を

融合させる事により、海をイメージさせ、仕上げた作品です

特徴としては、天板は普通の塗料よりも固く傷つきにくい

つなぎ合わせた部分も強度に優れていてる事です。

何とも言えぬ、斬新さでしょうか、今までに無い工法での

高級感、色使い、光沢、他のお店にない、今まで見た事のない

どこからこの発想が出てきたのか?そこで木作家のS社長に

聞いてみました、木工に魅せられて30数年、元々S社長は

自己流でこの木作家を立ち上げ、綾ならず県内外から

注目(恐れられる😅)を集めるS社長です、だからこそこんな斬新な

発想の作品が生まれたのだと聞きながら、私ながらに思いました。

この作品の難しさは、木と塗料の融合につきます

国内外から塗料を取り寄せ、塗装メーカーの協力など、

国内有名家具メーカーがこの様な工法で数年かかっても

まだ完成していない事を、S社長はご夫婦で完成させた

すご腕のなのです。!(^^)!

綾にお出での際は、「木作家」さんへお寄りください。

☎0985-77-3201「木作家」

yano