風変わりな「やちむん」?!

日頃からテーブルウェアや食器など興味のあるIKE502です。

今回はちょっとプライベートなお話です。

先日、学生からの友人の陶器がD&department FUKUOKAにセレクトされたというので、さっそく行ってきました。


彼の作品は沖縄の焼き物。窯元でいうと読谷焼です。

沖縄の焼き物はほとんどがぼてっとした重厚な、

ほのぼのとした姿が特徴の「やちむん」という焼き物です。

ところが彼の作品は薄く軽い、いわゆる「やちむん」の中では

変わった作風。でもちゃんとほのぼの感を残してます。

沖縄ではこの風変わりなところが評判のようで、ファンも増えてるとか。

ちなみに私もファンの一人です。

お皿やカップなど箸置き、サラダボウルなど、たくさん並んでいました。

ウッドデザインの木の家にも似合いそうだなぁ

IKE502