寝ていて人を起こすことなかれ

都城市の「ふたごのおうち」の現場近くの交差点に、この言葉、「寝ていて人を起こすことなかれ」と書かれた記念碑が建立されています。

 

 

 

 

 

 

 

車でその前を通り過ぎるたびに、「いったいどういう意味なんだろう?」と考えていました。

単純な発想しかできない凡人の私がまず思いついたこと。

「寝ていて人を起こす → 大きな鼾をかいて、まわりで寝ている人を起こすような迷惑をかけるな。ってこと?」などと考えはしたものの、わざわざ碑文になっている言葉にそんな軽い意味があるわけがないと調べてみたところ、この地域の農業発展に貢献した偉人の残したありがたいお言葉でした。

写真の銅像は石川理紀之助という明治時代の農業指導者で、秋田県からこの地域に招かれ、無給で農業技術や生活規律などを指導して下さった方だそうです。

碑文の意味は「自分は布団の中でぬくぬくとしながら、他人に働け働けと言っても、それでは人は動かない。まず、自分が率先して動いて見せよ。」ということだそうです。さすがに偉人のお言葉は意味が深いですね。子供に勉強させたいなら、まず、親が勉強なり読書なりして、お手本を示してあげなければならないってことですね(反省)。

このお方の指導と地元の農民の努力のおかげで、この谷頭地区は当時の国内でも模範的な農業地域に発展していったのだそうです。これに対する感謝の気持ちと、いつまでもこの教えを子孫に引き継いでいくために地元の人がこの記念碑を建立されたのだそうですが、偶然これを目にした私も、何かありがたい気持ちになったのでした。

by saka

亀の甲より年の功

世の中の移り変わりの激しさに、最近 少々ついていけていない自分がいます。
40歳を過ぎて、急に感じ始めたのですが、これがいわゆる「老い」なのでしょうか…。

写真は先日、新富町でおこなわれた棟上げの様子。
ここでも世の中の流れを感じた出来事がありました。

大工さんと聞いて想像するもの。
金槌やのこぎり、かんな…そして「地下足袋」なんかが頭に浮かんできそうですが、最近の若い大工さんの履物はスニーカーがほとんどなんです。
写真の左側の大工さんは30代、右側の大工さんは60代…。時代の流れでしょうかね。
でも御安心ください、腕はやはり亀の甲より年の功、60代の大工さんの経験や知識は凄いものがありますね。大切にしていかなければなりません。

そして、とうとう社内にも時代の流れがやってきました。

写真右側のヘルメットが今まで使っていたヘルメット。そして真ん中が今回新しくなったヘルメット。
空気取り込み用のスリットがカッコいいですね!(これで暑さ対策万全です!)

ちなみに左の黒いのは、先日の上棟式にて披露した寸劇で使用した、なんちゃって薩摩藩ヘルメットです。(いつものように撃沈したのは言うまでもありませんが…)

栄枯盛衰…とはいいますが、私達も物より人、物より想い出。
大工さんの知恵や経験のように、形のないもので末永く貢献が出来たなら…なんて思う今日この頃です。

しかしながらヘルメット、カッコよくなったな…あらためて思う手束でした。

 

 

 

山は(もこもこ)mokomoko、心は(うきうき)ukiuki

 
今年の桜の開花は平年からしますと1週間~10日間ぐらい早く咲き
 
お花見のタイミングが合わずに過ぎ去っていきました( ^ω^)・・・
 
 
今、我が家の庭には黄色い色の木香薔薇が咲き
 
ほんのりと香りがしております。これから咲く花はツツジ、
 
梅雨に入りますと紫陽花の淡い色の花が雨に濡れて咲いて
 
暑い夏へと向かっていきますι(´Д`υ)アセアセ
 
 
ここ何年前からでしょうか?年を取ってから(*^-^)でしょうか?
 
この季節の道行く山々に目をやりますと、新芽がmokomoko(もこもこ)と
 
まるで木々が綿帽子?をかぶったようなそんな光景が
 
目に入りますeye私だけでしょうか?やはり年のせい(;´д`)トホホ…
 
この光景を見ながら毎朝通勤してそして仕事中この光景を見ると
 
何だか心がukiuki(うきうき)するのは私だけでしょうか?( ^ω^ )
 
 
 
 
yano
 
 
 
 
 
 
 
 

給油口

 

初めて乗った車を給油する時、給油口が

左右どちらにあるか、車から降りて確認

した経験はありませんか?

初めて乗る車でも、車内にて確認できる

ことをご存知でしょうか?

スピードメーター付近にある燃料計を見て

ください。

よく見ると給油機の絵の横に小さな三角が

あります。この三角が給油口の位置を表して

います。三角形の尖ったほうが右を向いて

いれば、給油口は右。左を向いていれば

左にあるはずです。

それでは、なぜ給油口の位置が車種によって

違うのでしょうか?

保安基準では、給油口の左右の位置に関する

規定はありませんが、輸入車は右側が多いよう

です。国産車は、メーカーによって左右が異なります。

日産、スバルは右側、トヨタ、レクサス、ホンダ、

マツダ、スズキ、ダイハツは左側が多いようです。

エンジン等の設計にもよりますが、大半の

国産車は、マフラーと反対の位置に給油口を

設けています。燃料であるガソリンは引火性が

高いので、引火のリスクを少しでも減らすため

のようです。

今ままで何気なくガソリンを給油していましたが、

もし、給油口の位置を統一した場合、ガソリンスタンド

によっては渋滞し利便性が悪くなるかもしれません。

でも、近い将来電気自動車が普及しガソリン車が

少なくなれば、心配無いでしょうが・・・

 

 

 

グリーンの綺麗な季節です。

新緑の季節ですね。

この時期はとっても大好きです。

鮮やかなライムグリーンがいたるところで目につくようになりました。

グリーンという色は、目にも優しく心も癒してくれる色。

とっても落ち着きますね(^-^)。

ウッドデザインが得意とする植栽計画による演出。

アプローチの木漏れ日も心地よさをもたらしてくれます。

一年のうちで、いろんな彩度の高いカラーが共存するのもこの時期ですね〜。

縁側でお茶したり、

デッキで読書しながら、そのままうたた寝したり、

とっても気持ちの良い季節ですね(^-^)。

 

 

鮮やかなグリーンといえば、

お客様より立派なマスクメロンをいただきました。

ひさしぶりにこんなに美しいマスクメロンを見ました(^-^)。

とっても甘くてジューシー。

M様、とっても美味しくいただきました(^-^)。

美味すぎて皮までむさぼるT(^-^)

ike502