yamada

梅雨時の輩(やから) 

まだまだコロナの影響は続いていますが、

静まり返っていた学校に子供たちの姿が戻り、

事務所の前を通る中学生と交わす『こんにちは!』

そのたった一言の中に日常のありがたさを感じています。

 

学校再開とほぼ時を同じく九州南部は梅雨入りとなりました。

これからの時期、建築現場は毎日天気予報とにらめっこの日が

続きます。近年は天気予報の精度が上がっていますが、

局所的な雨も増えているので、やはりその場所で雲を見て風を

感じるのが一番間違いないようです。

 

建築の現場では雨はあまり歓迎されません。

そしてこれからの時期は住宅には絶対に歓迎されない

輩の出没が始まります。

 

宮崎ではヤマト、イエ両方のシロアリが生息しています。

これから雨の日が続き、久々に晴れたなと思ったら

ハネアリが夕方飛び回り始めます。

風に乗って数百メートル飛ぶ場合もあるようです。

 

そしてこの時期、白い粉を撒き散らすもう一つの輩がいます。

キクイムシが成虫になって出てくる際に小さな穴を開けて

排出する木粉が白い粉として証拠を残していきます。

 

このような輩を見つけたときは、先ずご一報をください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人と環境に優しい「モイス」

去年の台風で千葉のゴルフ練習場の鉄柱が倒壊して

隣接する住宅に甚大な被害を与えた光景を目にした

方も多いと思います。

そして、その撤去作業が無償で行われたことも

驚きでした‼︎

 

その件とは全く関係ありませんが、たまたま

役目を終えたゴルフ練習場の解体作業に遭遇した

時の写真です。

 

 

写真ではわかりづらいのですが、

鉄柱の先端に鳶の職人さんが登っていて、

柱と柱をつないでいる

梁を取り外しているところでした。

あまりの高さに見ているだけでも

お尻の辺りがムズムズしてきます。

 

最近は解体の現場を見かける機会が特に多くなった

気がするのですが、皆様の周りはどうですか?

いざ無くなってしまうと「あれ!ここには何があったかな?」

決して歳のせいだけだけではないと思うのですが・・・

 

住宅の建築途中でも廃材が必ず発生します。

その廃棄物の中で一番厄介者扱いされるものの

一つが石膏ボードです。

壁や天井のビニールクロス仕上げや珪藻土塗り

などの下地として使用される材料なのですが、

処分の仕方によっては有害物質を発生させるため

一般の廃棄物と分別しないといけないのです。

 

人とお家に優しく、環境にも優しい!

そう考えるとスケルトンは昔ながらの木の家、

そしてインフィルは呼吸する燃えない白い木「モイス」

木とモイスは最後は土に還ることができます。

モイスは土に還ったあと肥料にもなるのです!

是非、お試しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

年末はサンタがお伺いしてその際にプレゼント以上に

ご家族の素敵な笑顔をいっぱいいただきまして

わたしもスタッフも感動したり、涙ポロリでした。

年のせいかどうも涙もろくて・・・

 

そして昨年同じくらい感動をもらったのが

ラグビーW杯の日本代表チームの活躍でした!

ワンチームを合言葉に一致団結した戦いは本当に

見事でした。

後日知ることになるのですが、あの激しい激突を

繰り返しながらメンバーはSame Page(同じ絵)を

描きながら行動しているというのです。相手から

ボールを奪った瞬間に反撃のプランを共有して動き出して

いたんです!そこまで突き詰めた練習を繰り返し行って

きたからこそのワンチームだったのですね!

 

今年も皆様の安全と健康を第一に考えて

チームウッドデザインもOn the same pageで

地域のハウスドクターとして精進していきたいと

思いますのでよろしくお願いいたします。

 

そして皆様にとって明るくて良い一年になりますように!

 

 

 

 

 

火の用心

朝晩が冷え込むようになり、インフルエンザの流行が

心配されますが、皆さんは大丈夫でしょうか?

毎晩アルコール消毒をしているおかげなのか

家族がかかっても私だけは毎年無事に過ごしています。

 

 

先日、世界遺産首里城が火災により消失してしまうという

大変ショッキングな出来事がありました。

その数日後には、同じく世界遺産白川郷の合掌造り集落で

物置と小屋の火災がありました。

出火原因はどちらも電気系統からの可能性が高いようです。

 

たまたまですが、実家でもあわや!!ということが

ありました、それが下の写真です。

 

 

テレビのコンセントを差し込む所に使用してあった三口ソケット

十年以上使ってきてこれまで何の問題もなかったのですが、

配線コードを整理するため取り外してみてら、

このような状況でした!

新しい時は良かったけど、負荷をかけすぎたまま

使っている間に少しづつ劣化した結果、

火災の一歩手前まで見過ごしていたのでした。

 

このような配線箇所がないか、コンセントに

埃がたまってないか

ぜひ一度確認してください。

 

 

 

 

 

お手入れ

先日、洗濯機の排水の具合が悪いようなのですがと

オーナー様からの連絡をいただき、

お伺いした時のことをお知らせしたいと思います。

洗濯機の置き場所に写真の洗濯機パンを設置しています。

形状や大きさは違うかもしれませんが仕組みは共通です。

洗濯機の排水ホースを接続、洗濯機自体や蛇口などから漏水

した時は排水口の網状の所からも排水できるようにできています。

 

オーナー様にお聞きしたところ洗濯機の排水時に

洗濯機パンの網目の所に溢れるほどではないけど

ジワ〜と水が上がってくるとのことでした。

そこで排水部分を調べてみました。

手順は上の絵のように

①排水ホースを付けたまま差し込み口を外す。

②網目状の目皿を反時計周りに回して外す。

③封水筒を引き抜く。

④消泡筒を引き抜く。

⑤ワンを引き抜く。

洗濯機本体にヘアキャッチャーや綿取りが

組み込まれていますがそれを通過したものなどとかが

ここに集積した結果、排水の妨げになっていました。

 

詳しいお手入れ方法は取扱説明書を確認の上

一度我が家の点検をよろしくお願いいたします。