お役立ち情報

樹液

熱くてうっとおしいこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日の川南町「DEEPWOODS」の完成見学会の敷地の森では今年初のセミの鳴き声を聞きました。きっと、カブトムシやクワガタもこの森の木の樹液に誘われてたくさん集まってくることでしょう。

さて、この虫さんたちが大好きな樹液ですが、人間界でも身近な存在ですよね。

私が大好きなメープルシロップ😋

これは、「サロウカエデ」の樹液を煮詰めて作ったもの。

「ウルシ」の樹液で作った塗料は漆器の塗料として。

「ゴムノキ」の樹液は、天然ゴムの原料など。

そして、野球のピッチャーや体操選手が滑り止めとして使う「ロージンバッグ」には、松の樹液「松ヤニ」の乾燥粉末が入っています。

さて、この各種の樹液。
もともとは、その樹木が精製した天然の治療薬のような役割をもっており、木の表皮が剥がれたり、傷ついたりしたところに、樹液が沁み出してきて傷をふさぎ、細菌やカビ等から身を守る効能があるそうです。

それを人間の知恵でうまく人間の生活に役立たせているわけで、実にありがたい存在です。

 

「が、しかし。」です。
この樹液。わがウッドデザインにとっては必ずしもありがたいだけのものではありません。

皆様ご承知のとおり、ウッドデザインの玄関ドアは無垢材を使用しています。


樹種は「米松」など。

松ですので、当然「松ヤニ」が含まれています。
寒い時期は、板の内部で固化していてじっとしてくれていますが、熱い時期になると、ドロドロベトベトした液体状になり、表面に沁み出してくる場合があります。

ちょっと見、「害虫の卵」とか「カビ」のように見えるのですが、これが、沁み出して来た「樹液」が固化したものなのです。

 

このツブツブを放置しても、性能低下をきたすようなことはありません。が、やはり見た目が良くないので、気になる場合はこれ。

天然オレンジオイルを主成分とした環境にもやさしい「ディゾルビット」キッチンの油汚れ、マジック、シールの糊残りの除去などにも重宝します。

 

わが社の社長があらゆる商品を使ってきた中での一押し商品。
これをウェスなどにシューして、やさしく拭き拭きするだけです。

 

このような現象も、天然素材を活かした家づくりならではの「発見」としておおらかな気持ちで慈しんでお住まいいただけたらと思います。

 

 

 

 

羽アリ?白アリ?黒アリ?

毎年恒例になってきてますが、梅雨時期は、羽アリが発生する時期。

4月~6月頃、シロアリの羽アリが群飛する時期です。

羽アリを見つけたら、白アリ!?

ちょっと待って下さい。まずはその羽アリが本当にシロアリなのかどうか確認しましょう。

画像は普通のクロアリとシロアリの違いです。

 

イエシロアリの羽アリは6〜7月に群飛します。

その時期に外から何匹か飛んできた程度なら、必ずしも心配はないでしょう。

窓を閉めていても、吸気口や換気扇から入ってくる場合もあります。

(シロアリが家で発生しているケースの多くでは、2、3匹ではなく大量のシロアリが発見されています)

ウッドデザインでは定期点検時に、床下や天井裏もチェック致しております。

残念ながらシロアリ業者の中には、被害を大げさに話し不安を煽る悪質な業者も存在します。

その場で判断せず、ウッドデザインスタッフに一度ご相談されることお進めします。

 

 

TEL 0985-69-6828

メール kinoie@wooddesign.co.jp

ike502

キクイムシ

先日、オーナー様から

「庭のモミジの枝が風で折れてしまったのですが!」

と連絡をいただき確認に行ってきました。

実際に伺って確認すると枝ではなくて、幹の部分が折れて

しまっていたので、周辺を調べてみると

折れた部分の下に木の粉があり、

写真ではわかりにくいのですが

小さな穴が数カ所開いていました。

この木の粉はキクイムシ(正確にはヒラタキクイムシ)の

食害によるもので、食害で弱くなった部分で

折れてしまったのだと思われ、

直ちに処置をするため近くのホームセンターに走り

購入したのがこれ

アリキンチョール
(アリの絵の左にあるのがヒラタキクイムシです)

細いノズルがついていますので、それを先ほどの小さな

穴の奥まで差し込んで噴霧して、そのあと注入したガスが

抜けないように爪楊枝を差し込み蓋をして終了、

様子を見ながらこれを何度か繰り返し行う必要があります。

キクイムシの特徴は春から夏にかけて木々の表面に木材の粉が

現れ、粉の近くには1〜2ミリ程の穴が開いています。

これは木材の中で蛹から成虫になって外に出てくるための

穴で、その穴あけや、幼虫が食べた穴にためていた食べかすを

同時に排出するために表面に粉が吹き出すそうです。

梅雨入り前に一度、自主点検をお願いいたします。

そして思い当たる個所や気になることがありましたら

ご一報いただければと思います。

yamada

次世代住宅ポイント制度

令和元年10月1日に予定されている消費税率の引上げ後(8%から10%)の住宅取得にメリットが出る支援策 の一つとして 「次世代住宅ポイント制度」 が創設されました。

新築住宅については、その住宅の性能に応じて最大35万ポイント(1ポイント=1円)が住宅取得者に交付されます。

以前にも「省エネ住宅エコポイント」という制度があり、ポイントの使い方として、商品券への交換や即時交換(追加的に実施する工事費への充当)ができましたが、今回の「次世代住宅ポイント制度」では「次世代住宅ポイント事務局」が別途指定する商品への交換のみとなるようです。

現在、交換対象商品の募集手続きが行われており、商品の募集項目としては、

■省エネ・環境配慮に優れた商品
 パソコン、テレビ、レコーダー、エアコン、照明器具、寝具etc

■防災関連商品
 食料品(非常食・保存食) 、 防災・避難用品etc

■健康関連商品
  アウトドア用品、自転車、スポーツ用具、健康器具etc

■家事負担軽減関連商品
  キッチン家電、掃除・洗濯家電、スマートスピーカー
 キッチン・バス・トイレ・洗濯・掃除用品 etc

■地域の振興に資する商品
 地場産品(例:肉、魚、野菜、果物、缶詰、酒、ジュース、陶磁器、    木製家具、織物など)

とされており、6月3日に 「次世代住宅ポイント事務局」ホームページで指定商品が公表される予定です。

せっかくのポイントですから、有効に使えるといいですね。私なら、ちょっとおしゃれな木製家具とか欲しいですね。

と、あらぬ妄想に耽ってしまったsakaでした。

消費税増税!住宅新築への影響は?

いよいよ、10月1日から消費税が8%から10%へ引き上げられます。
日常生活に欠かせない飲食料品等には軽減税率8%が適用され、実質据え置きとなりますが、私たちウッドデザインの生業である「住宅」には残念ながら軽減税率は適用されません。

ただし、契約や引渡しの時期によっては現行の8%の税率で新築できる場合もあります。このブログをお読みになるような方々は既にご承知のことと思いますが、ちょっとオサライをしてみたいと思います。

上の図のように、注文住宅の場合、
3月31日までに工事請負契約を締結した場合は、10月1日以降に引渡しがずれこんでも8%の税率のままです。
4月1日以降に工事請負契約を締結した場合は、9月30日までの引渡しならば税率8%、10月1日以降の引渡しになれば税率10%となります。(ウッドデザインの場合、現時点でプラン作成に入っていないと3月31日までの契約は実質困難だと思います。)

建物本体工事費が2000万円だとすると、8%から10%になるわけですので、お客様の税負担が40万円増えることになります。
一方で、増税による住宅取得者の負担を軽減するため、(と、言うよりは、住宅着工が減少して、景気が冷え込むことがないように!)さまざまな負担軽減のための支援策が講じられるようです。

まず、一つ目が「住宅ローン減税の控除期間の延長 10年→13年
二つ目が「すまい給付金の拡充」給付額最大30万円→50万円 所得制限510万円→775万円
三つ目が、一定の住宅性能を満たす住宅取得者に対する「次世代住宅ポイント制度」の創設。最大35万円相当
四つ目が、両親等からの住宅取得資金の援助に対する贈与税の非課税枠の拡大。1200万円→3000万円

以上のように大きく4項目の支援策が講じられ、住宅取得者の所得や住宅の性能によっては、増税後の契約の方がお得になる場合があるかもしれません。

ただ、消費税の増税による負担増を気にする一方で、もう一度思い出していただきたいことがあります。
それは、住宅ローン金利です。ご承知のとおり、住宅ローン金利は毎月見直しがされています。
次のとおり、3000万円の住宅ローンの金利が0.1%上がった場合、35年間の総返済額では、593,222円の負担増となります。1%上がったら、6,171,164円の負担増となり、毎月返済額では 84,685円が 99,378円(14,693円の増)となります。

次の表は、過去3年のフラット35の金利推移グラフです。多少の上がり下がりはあるものの、1.2%をまたいで上下する低金利が続いています。

これを、もっと長期に渡って遡ったグラフを見ると、

1980~90年代は、バブルなど好景気の影響もあって 4%超えの高金利が普通だったようです。
いかに、住宅ローン利用者にとって今の低金利がありがたいかがわかっていただけると思います。
逆に、貸す側である金融機関にとっては貸しても貸しても利益が得にくい厳しい時代が続いていることになります。

将来の金利の動向は「神のみぞ知る」ですが、「下がるときはじわじわと」「上がるときは急激に」変化することもグラフから読み取れると思います。

住宅は一生で一番大きな買い物。
だからこそ、増税や金利の動向と同時に、住んでからの満足感や快適性、住宅性能や光熱費などのランニングコストも併せて慎重に検討する広い視野を持って進めていっていただけたらと思います。

わからないことや、迷ってしまうことがあったら、いつでもウッドデザインにご相談ください。