ike502

手作りユニフォーム?!

みなさんがたまにお目にかかると思います、弊社スタッフのユニフォーム。

あのユニフォームのロゴは実は自作でプリントしています。

しかも家庭用アイロンで。。。

 

ラバープリントと言いまして、薄〜いゴム状のシートを高熱で圧着しています。

今回はそのラバープリントの工程をご紹介したいと思います。

圧着前のラバーシート。フィルムが付いてる状態です。

あらかじめカッターなどで型抜きしています。

 

シャツをきれいにのばし、適当な場所に置きます。

 

そして数秒間、家庭用アイロンで、おもいきり圧着します。

 

フィルムを剥がしたら。。。

はい、出来上がり!

もう永遠に剥がれることはありません。

 

あとは、たたんで終了です。

いかがでしたでしょうか。意外と簡単にできてしまいます。

次回見る機会があればぜひ注目してみてくださいね。😀

 

ike502でした。

 

 

 

 

 

さらば喜楽園

とうとうこの日がやって来ます。

我々サラリーマンの憩いの場所、週に1〜2回は行くという町中華の「喜楽園」さんが、来たる8月25日で閉店されるとのこと。

まさに激動の時代を駆け抜け、僕らに幸せを運んでくれた40年に幕を下ろすそうです。

いつものようにお会計していると、突然あいさつを受けました。

注文と会計のときだけしか会話がなかったおいちゃん、おばちゃん。

いつもランチで一緒のIwa氏は20年で初めて会話したそうです。その初めての会話が閉店のあいさつだなんて。。。。

 

いつも決まって唐揚げ定食を注文してました。いっつも熱すぎて口の中の皮が剥けようとも、こればっかり頼んでました。最高に美味いんです。

 

しかし他も美味いんですよ。Iwa氏はだいたいチャーハンか天津飯。おいちゃん、おばちゃんにはチャーハンと唐揚げの人たちって覚えられていたようです。

 

この味が食べられなくなると思うと、とっても寂しいです。。。。

あと一ヶ月ちょっとあるので、次行った時にはしっかりかみしめて食べよう。

 

長い間、お疲れ様でした。そしてありがとう。

ike502

 

 

 

 

 

庭を楽しむ、食事を楽しむ、時間を楽しむ

以前から気になっていました、日南の飫肥城近くの「服部亭」に行ってきました。


飫肥御三家のひとつ、歴史ある服部家の旧邸宅を利用した建造物です。
コケ博士としても有名な服部新佐さんの生家でもあるんですよ〜。

この服部亭には広大な日本庭園があり、すべての部屋がこの庭園に面した造りとなっています。
そうです、この庭園を眺めながらゆったりとした時間をすごす事ができるのです。

お料理は前菜もあり、とっても健康的な食材ばかり。刺し身、ちらしずし、吸い物等々の飫肥の郷土料理を美味しくいただきました。 

 

庭園の絶景のおかげで、さらに1.5倍美味しかったな〜。

いいですね〜。この日は日曜の午後。青空と新緑に生えるお庭、飴色の木の香りとお料理の香りのブレンドされた風が、ここちよく頬をかすめていきます。

 

ウッドデザインの家も窓から見える景色を大切にしています。

 

それはリビングで楽しくすごす時間、おしゃべりしながら食事する時間、家族と笑顔ですごす時間、この心地よい空間のなかで過ごしていただきたい。そう思いながらプランニングしています。

 

お庭もきれいで、夏は涼しく、冬は暖かい、家族も集まり、心地よい家。
服部亭はウッドデザインの原点のような気がしました。

 

さて今週末は住まいの見学会が開催されます。
会場は上記の3枚の写真の邸宅です。素敵なお施主様は素敵な住まわれ方をされています。

 

ご覧になりたい方はぜひご予約くださいね(^-^)。
ご予約はこちら🔺からどうぞ

ike502

 

 

 

 

 

 

 

 

羽アリ?白アリ?黒アリ?

毎年恒例になってきてますが、梅雨時期は、羽アリが発生する時期。

4月~6月頃、シロアリの羽アリが群飛する時期です。

羽アリを見つけたら、白アリ!?

ちょっと待って下さい。まずはその羽アリが本当にシロアリなのかどうか確認しましょう。

画像は普通のクロアリとシロアリの違いです。

 

イエシロアリの羽アリは6〜7月に群飛します。

その時期に外から何匹か飛んできた程度なら、必ずしも心配はないでしょう。

窓を閉めていても、吸気口や換気扇から入ってくる場合もあります。

(シロアリが家で発生しているケースの多くでは、2、3匹ではなく大量のシロアリが発見されています)

ウッドデザインでは定期点検時に、床下や天井裏もチェック致しております。

残念ながらシロアリ業者の中には、被害を大げさに話し不安を煽る悪質な業者も存在します。

その場で判断せず、ウッドデザインスタッフに一度ご相談されることお進めします。

 

 

TEL 0985-69-6828

メール kinoie@wooddesign.co.jp

ike502

京都迎賓館を見学

先日、京都に行った際にかねてから行きたかった京都迎賓館を見学してきました。

京都迎賓館は京都御苑の中に位置しており、内閣府運営の国の施設です。

現在、予約せずに見学できます。(セキュリティチェックは当然ありますけど)

各国の国王や大統領などの要人をもてなす場所。日本の最高の技術の全てを集めた豪華な建物です。

館内には截金(きりかね)や蒔絵(まきえ)、豪華な西陣織を使った内装をほどこし、伝統技能の良さを継承しつつ、モダンな雰囲気で海外からの賓客をお迎えしています。

木や紙といったいかにも和風建築らしい素材に、鉄骨やコンクリートを組み合わせて、新しい日本建築を表現しています。

桐の間。こちらは和食を提供するための、和風晩餐室です。京都の舞妓や芸妓による京舞や琴の演奏がおこなわれるそうです。

この橋から見て、池の片側は「海」に、反対側は「水田」に見立てられています。海と田んぼという、日本を象徴する自然を橋と池で表現しているということです。

華麗な藤の壁面装飾のある藤の間。格子光天井と床一面に藤の花が広がる絨毯。

こちらは舞台の扉をいろどる繊細な截金(きりかね)細工。

この照明は折り紙がモチーフのデザインとのこと。京指物(きょうさしもの)という伝統技法で組まれているそうです。

舟遊びを体験してもらうたもの舟。

日本の良さをあらためて感じることができました。シンプルで繊細、無駄のない日本建築を体感して、とても心地よい時間を過ごすことができました。

ウッドデザインの家も住む人はもちろんのこと、お客様も楽しめるような仕掛け(プラン)がたくさんあります。

ウッドデザインは、シンプル和モダンな家づくり。
リビングから見える景色、木の香り、頬をかすめるそよ風、とっても心地よい家です。

それにしても京都迎賓館、最高だったなー。2時間近くも堪能できました。

ike502