住まい・インテリア

涼を求めて


暦の上では立秋を過ぎましたが、日中は残暑厳しく
あと幾日この暑さが続くのでしょうか?私達は
毎年2~3回、南阿蘇方面にドライブに行きます、
今回は涼を求めに行ってきました。
雄大な阿蘇五岳を眺めながら阿蘇神社~道の駅へ


そして、水の大変おいしい白川水源へと車を走らせました。


上流の阿蘇の山からの水で毎分60トンの湧水量をほこり
「名水百選」にも選ばれておりますが、境内に入りますと
外の空気とは幾分か違うと思うのは私だけでしょうか・・・
透明感のある透き通った水源の水をひと口頂くと
冷たからず、ぬるからずで、のどにするりと入り込み、
阿蘇の名水を何杯も頂きました。


境内の横に流れる川に、地元の子供さんや中国の観光客
の方々が水に浸かり川遊びを楽しんでおられました、
見てる私達の体感温度も2~3度下がったみたいです。
雄大な阿蘇を見て2~3度、白川水源で2~3度

そんな涼を求めての南阿蘇村の一日でした。

yano

うわさの海鮮丼

とあるテレビ番組で、仮面ライダー1号の藤岡弘さんが、

目をつぶりながら、かみしめるように食べていた

海鮮丼が忘れられなくて行って来ました。

宮崎市新別府町(イオンモール宮崎の向い側)にある、

長谷川水産が営む『海鮮 長谷川』です。

テレビで紹介されて暫く経ちましたが、ダメもとで

向かってみました。

幸いにも、お客さんの切れ間だったのか運良く座ることが

できました。

メニューは海鮮丼(特盛・大・小)しかありません。

海鮮丼(小)を注文しましたが、男性では

少々物足りなさを感じるかもしれません。

こちらの長谷川水産では『究極の血抜き』とやらを

あみだしたようで、魚の長期熟成が可能になり、

より旨味が増した魚を提供しているようです。

そんな説明文を読んでいる間に、お目当ての海鮮丼が

運ばれて来ました。

海鮮丼にあら汁。海鮮丼は2種類の醤油と、

自家製の海鮮丼のタレでいただきます。

魚が新鮮で、とても美味しく、あっという間に

たいらげてしまいました。

あら汁も、海鮮を感じる風味でした。

海鮮丼を食べている間も、お客さんはひっきりなしに

訪れていましたが、なにせ海鮮丼しかないので、

回転率が高く、平日なら待ち時間は少なそうです。

今回は、お試しのつもりで海鮮丼(小)を注文

しましたが、次回は奮発して海鮮丼(大)を

食べるつもりです。

食べ終えたIke502の笑顔を見ていただければ

美味しさが伝わったのではないでしょうか。

また、美味しいお店を見つけたら、

ご紹介したいと思います。

 

 

庭を楽しむ、食事を楽しむ、時間を楽しむ

以前から気になっていました、日南の飫肥城近くの「服部亭」に行ってきました。


飫肥御三家のひとつ、歴史ある服部家の旧邸宅を利用した建造物です。
コケ博士としても有名な服部新佐さんの生家でもあるんですよ〜。

この服部亭には広大な日本庭園があり、すべての部屋がこの庭園に面した造りとなっています。
そうです、この庭園を眺めながらゆったりとした時間をすごす事ができるのです。

お料理は前菜もあり、とっても健康的な食材ばかり。刺し身、ちらしずし、吸い物等々の飫肥の郷土料理を美味しくいただきました。 

 

庭園の絶景のおかげで、さらに1.5倍美味しかったな〜。

いいですね〜。この日は日曜の午後。青空と新緑に生えるお庭、飴色の木の香りとお料理の香りのブレンドされた風が、ここちよく頬をかすめていきます。

 

ウッドデザインの家も窓から見える景色を大切にしています。

 

それはリビングで楽しくすごす時間、おしゃべりしながら食事する時間、家族と笑顔ですごす時間、この心地よい空間のなかで過ごしていただきたい。そう思いながらプランニングしています。

 

お庭もきれいで、夏は涼しく、冬は暖かい、家族も集まり、心地よい家。
服部亭はウッドデザインの原点のような気がしました。

 

さて今週末は住まいの見学会が開催されます。
会場は上記の3枚の写真の邸宅です。素敵なお施主様は素敵な住まわれ方をされています。

 

ご覧になりたい方はぜひご予約くださいね(^-^)。
ご予約はこちら🔺からどうぞ

ike502

 

 

 

 

 

 

 

 

審査風景



すでに、審査結果はHPでお伝え致しました今年で3回目を迎えましたオーナー様限定のフォトコンテストの審査風景です。

 



今回も、オーナー様からたくさんの作品の応募を頂き頂きまして、有難う御座いました。審査は、和やかな雰囲気の中、そして公平に各賞を選んでいきました。

 

回を重ねていく事にオーナー様のレベルがUPしていく中での審査は熱が入ります。


今回初めて「社長賞」を設けました。この賞は社長自らの一言で決まりましたので社長は賞選びになお真剣ムードです。

 

表彰式は8月予定の「木工教室」会場で表彰式を予定致しております。

yano