お客様のそばに寄り添う会社として。

家は完成して終わりではなく、住み続けるうちにちょっとした問題やご相談ごとが生まれてくるものです。その家が出来た経緯や新築時の状況、施工方法や施工時の職人など、その家の全てを知っている私たちが、リフォーム・修理などの家のメンテナンスを行う事で、長く安心して家を守り続ける事が出来ると考えています。何かあった際には、すぐにお伺いさせて頂きます。

小さな会社である私たちには、一棟一棟の家を丁寧につくり、一人一人のお施主様とよい関係を築きあげる事で、地域でのご信頼を得て仕事をしています。ちょっとしたお悩みの際にも、身近なご相談役として何でもお気軽にご相談ください。
「家づくり」から「家守り」へ。
私たちの仕事は形を変えながらも、家とお施主様に寄り添い安心安全な暮らしを守り続けます。 

定期点検・アフターメンテナンス

お引き渡し後、一ヶ月後、半年、一年以降と点検させていただいてます。ウッドデザインの建物 が存在している限り守り続けます。そしてお客様とのより良い関係を維持していこうと思います。

保証・加盟団体
安心してお住まいいただくために「瑕疵保険」をご用意しています。


JIO
(株式会社日本住宅保証検査機構)

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)により、平成21年10月1日から新築住宅の請負人や売主(住宅事業者)には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられます。ウッドデザインでは、全棟、瑕疵保険の対象となります。住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上、主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。 着工からお渡しまで、第三者機関による計2回の厳しい検査を行ない瑕疵保険に加入し、引渡し後は安心の10年間の保証がつきます。
保証制度:最高2000万円(1住宅あたり)


地盤保証
20年

第三者機関の基準に基づいて、地盤調査・地盤改良工事を経て現場検査を受けています。地盤調査のデータをもとにプランニングされた基礎仕様に則った上で施工された建物に関して、地盤の不同沈下に起因する建物の損害費用を、お引渡日より20年間保証します。保証内容は、建物の補修費用、補修工事期間に必要とされる仮住居とそれに関する費用です。
保証金額は、ひとつの事故につき最高5000万円。免責金額のない全額保証となります。


しろあり保証
10年

ウッドデザインは基礎パッキング工法(床下換気工法)を採用しています。
基礎と土台の間に穴の開いた基礎パッキンを敷き込み、基礎パッキンを通して、自然の風を床下内に吹き込ませることで床下を隅々まで換気し、シロアリが生息しづらい環境をつくりだします。基礎と土台を絶縁することで湿気が土台に上がることを防ぎ、建物の耐久性や建材の持つ性能を十分に発揮させます。
竣工後、10年以内にシロアリによる害が発生した場合、累計1000万円まで修復費用を補償されます。

PAGE TOP