北欧へ行きたい。。。
趣味があふれるこだわりの家

まだまだ暑さの残る秋。
さわやかに晴れた日。大塚台の3階建ての家、N様邸におじゃましました。
N様邸はお引き渡しから1年半を経過しようとしています。
手入れの行き届いた植栽、キレイなアプローチ階段。
N様のお人柄が出ているようです。
西日に照らされ、ほどよく色づいた木製の玄関ドアを開けるとふわーっと木のいい香り。同時に目に飛び込んできたのはカッコよくディスプレイされたエレキギターです。
わぁ、さすがはギターが趣味というN様。笑顔でお出迎えしてくださいました。
さっそく2階リビングへと導いていただき、上がっていくと、そこはもはやスタジオのようです。気付くといたるところに、ギターやウクレレが飾ってあります。
どこにいてもすぐに手に取れるように、フックを用いて飾っているのだそう。
「休日には仲間を招いて音楽パーティーを開いているんです。」と笑顔でお話しいただきました。とびきりに楽しい空間になることでしょう。
気密性が高く音が漏れることもないので大音量でも気にせずに演奏できる。しかも木やモイスの音響がいいので没頭できるのだそう。

「じゃあ、せっかくなので・・・」と、おもむろにギターを手に、チェンジ・ザ・ワールドを披露。即興のミニライブに我々スタッフは引きこまれたのでした。

N様は数年前に県外から宮崎に帰郷。県外に住んでいる頃から北欧系のハウスメーカーの家に憧れていたとのこと。宮崎に帰った際にはその北欧スタイルに近いメーカーでマイホームを建てようとじっくり探していました。そんなときウッドデザインを見つけ、運命を感じたと。
それからというもの、何度も何度も見学会に足を運んでは、自分の生活スタイルに当てはめ、空想の中で夢を描いていたのだそう。
「ここの土地は西側ロケーションがとても綺麗。キッチンに立った時、ソファに座ってギターを弾きながらの眺めは最高ですね。」
窓や植栽の配置、間取りのプランに大満足の様子。

3階に上がると、そこには大きなハンモックが。。。
大人一人がゆったりできる白いハンモックに座り、西側の景色を眺めながら一人瞑想にふける、ゆったりとした時間が流れるのが、とても気に入っているポイントなのだそう。

ハンモックに気を取られていると、すぐ横には黒い音楽編集用の機材がズラリ、素人とは思えないほどの量が並んでいました。
とことん音楽を満喫しているようです。

やわらかい西の日差しが入り込み、まったりとした時間が流れています。
「IKEさんはどんなカメラを使ってるのですか・・・?」とN様。「私も写真も趣味の一つなんですよ〜」。
風景写真をメインに撮られるというN様はレンズを多数所持するほど本格的。
いろんな場所にカメラを持って出かける、フットワークの軽いN様には、私IKEも脱帽です。

そんなN様は宮崎の地域情報誌「じゅぴあ」に掲載されるほどの腕前。
専用の写真編集ブースで夜な夜なアルバムを作成したりしているそうです。

「悠々自適にシンプルに暮らす」、あますことなく趣味を満喫しながらの生活。ほどよい経年の色の変化とともに成長している家。日が傾いて夕日に照らされる時間。。。。
「またこんど、ぜひ遊びに来てくださいね」と笑顔で見送っていただきました。N様のやさしい人柄とギターの音色が馴染んだ木の家は人と人との縁、仲間たちに愛される家となっていくのでしょう。

完成写真「北欧へ行きたい。。。」はこちらへ

PAGE TOP